ナレーターにナレーションを依頼したい!費用の相場はどのくらい?

ナレーターにナレーションを依頼

ナレーターの声は、メディアなどを通して耳にする機会も多く、わたしたちにとって身近な存在です。では、ナレーション制作をする場合は、どのような手順でナレーターにナレーションを依頼すれば良いのでしょうか。そこで今回は、ナレーションを依頼する際の流れと費用の相場についてご紹介します。

ナレーターにナレーションを依頼する流れ

ナレーションを依頼する流れナレーションを依頼する場合、一般的な手配の方法は以下の2パターンです。

ナレーターの所属事務所や手配会社からブッキングする

ナレーターの所属事務所や手配会社に問い合わせをして、ブッキングを行う方法になります。こちらは複数のナレーターの中から選ぶこともできるため、細かい要望がある依頼の際に向いているでしょう。

ナレーション制作会社を通じて手配する

依頼者の負担が少ない、ナレーション制作会社を通して手配してもらう方法です。こちらの依頼方法は、ナレーションの収録から制作物の納品まで一括で実施してくれます。

以上の手配方法に関わらず、要望に適した人材を選ぶために参考になるものがあります。それは、多くの公式サイトで公開している、所属ナレーターのサンプルボイスです。サンプルボイスを聞くことで、どのナレーターを起用するかある程度の目星をつけることができるでしょう。公式サイトにサンプルボイスがないときは、所属事務所や制作会社に求めている人材を伝えると、数名分のボイスサンプルを提供してもらうことも可能です。

また、こちらが求める声の性質や、ナレーションスキルがマッチングした人材が見つかったとしても、スケジュールや予算が合わないケースもあります。そのため、ナレーションをしてもらいたいと思う候補者を数人選んでおくと良いでしょう。

ナレーターにナレーションを依頼した場合の費用相場

頼した場合の費用相場ナレーション制作には、さまざまな費用が掛かります。その中で料金に差が出るものは、原稿のボリュームまたは収録所要時間によるナレーター費です。

ここでは、依頼した場合の費用相場についてご紹介します。

ナレーター費

ナレーター費は基本料金というものが掛かりますが、依頼するナレーターのランクや案件次第で料金に差が出るでしょう。また、日本人と外国人によっても料金は異なり、外国人の方が1.5~2倍割高なこともあります。

拘束時間でナレーター費を算出する制作会社の場合は、ナレーター手配のみで1時間5万円程度、ナレーター・収録・編集込みのスタジオ収録は、1時間7万円程度に設定されています。

ナレーションを依頼する際は見積書を確認しよう

ナレーションを依頼したときに必ず確認したいものが、見積書です。見積書は、依頼した制作会社によって内訳が異なる場合が多く、他社との比較基準にもなります。

見積書の内訳ですが、ナレーター費、スタジオ費、リテイク費、編集費、SE・BGM費、ディレクション費、メディア制作費などです。ナレーションのクオリティーを重視しながらも、コストパフォーマンスの良いナレーション制作をしたいなら、料金がどのくらい掛かるのか、その内訳を細かく把握することもポイントになります。

おわりに

今回は、ナレーターにナレーションを依頼するときの流れと、費用の相場についてご紹介しました。

ナレーターに仕事を依頼するにあたって、人材選びとそれに掛かる料金の把握は大切なことです。しかし、制作会社ごとに異なる料金の変動を調べることは簡単ではないでしょう。そのようなときは、制作会社やナレーターの所属事務所に、見積書の提出をお願いしましょう。どの程度の費用が必要なのか、細かく把握することができるでしょう。

■ ナレーター費用のさらに細かい見積もり内容についてはこちらの記事でも紹介しています!
ナレーション制作の料金相場は?見積もり書の内訳を紹介

ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい

所属ナレーターは100名以上
言語は17ヶ国語に対応しております!

ゲーム音声、CM、企業VP、教材などあらゆる声のニーズに対し、
毎月100件以上の音声制作実績でお答えいたします。
御社コンテンツにマッチした経験豊富なナレーター、声優の提案をいたします。
「すべてはクオリティのために」・・・
品質だけではなく、価格、スピード、提案力でご満足頂ける音声を提供いたします。

ナレーション、ゲーム音声制作サービスの詳細はこちら
ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい