英語翻訳のナレーションを依頼したい!一般的な料金体系と納品方法

英語翻訳のナレーションを依頼したい!一般的な料金体系と納品方法

英語翻訳によるナレーションは、通常の日本語ナレーションの依頼とは異なるハードルがあります。大前提として、わかりやすく正しい英語翻訳をした上で、質の高いナレーションがされているかでしょう。特に映像の動きに合わせて声を吹き込む場合、映像の尺と英語のワード数が合っていないと不自然です。

また、ネイティブに通じなければ意味がありません。つまり英語翻訳のナレーションは、日本語ナレーション以上に気を使うべきことが多いでしょう。
そこで今回は、英語翻訳のナレーションを依頼する際に知っておきたいポイントや料金体系、納品方法などをご紹介します。

英語ナレーションが活用されている背景

英語ナレーションは、企業のPVや観光地・文化の紹介動画、音声ガイダンスなどさまざまな場所で活用されています。
これは近年、企業がグローバル化しはじめていることが影響しているからでしょう。他にも、外国人の雇用が増えていること、インバウンドが活発化していることも影響しているといえます。
この背景から、採用動画やサービス紹介の動画、ガイドなどに英語ナレーションを追加したいと考える方が多いようです。

ジーアングルでは、以下英語ナレーション実績があります。

  • 企業や商品の紹介・広告映像の外国語版
  • 教材ナレーション
  • スライド用、インナー向け資料音声
  • イーラーニング
  • 医療系
  • 観光用音声ガイダンス

英語ナレーションを依頼したいと考えている方は、ぜひご相談ください。

英語ナレーションを作るポイント

さまざまな場所で利用できる英語ナレーション。ここでは、依頼する際に覚えておきたい、英語ナレーションを作成する際のポイントをご紹介します。

日本語原稿の英語翻訳

映像の動きと英語の言葉を合わせるため、映像の長さを考慮しながら、文章を組み立てる翻訳テクニックが必要です。
また、視聴者がわかりやすく、聞き取りやすいフレーズを意識して使うなど、ナレーションで使う英文ならではの翻訳を行います。そのため、ナレーションと翻訳を別々の会社に依頼する際は、翻訳を依頼する会社にナレーションで使用することを事前にしっかり伝えておくことが大切です。

ナレーターの選び方

英語ナレーションをしてくれるナレーターの方は主に2つのタイプに分かれます。それは、ネイティブの方とバイリンガルの方です。バイリンガルの方は、日本語と英語をしゃべることができるため、日本語と同じトーンでナレーションを収録することが可能です。
ネイティブの方は、正しい発音で話してくれるため、本格的な英語ナレーションを付けたい場合に適しています。

的確なディレクション

英語ナレーションを収録する際、ナレーターにどのようなトーン・スピードで収録してもらいたいか、的確に意図を伝えることが大切です。
的確なディレクションを行うためには、ナレーターとコミュニケーションを取らなければなりません。しかし、日本語があまり得意ではないナレーターの場合、通訳できる方がいないとスムーズに収録ができない可能性があります。
英語ナレーションを収録する際は、ディレクションができるよう日本語でもやり取りができるナレーターや、通訳ができるディレクターがいると安心です。

英語翻訳の料金体系

英語翻訳の発注先は大きく2つあります。1つは、翻訳専門会社に依頼すること。そしてもう1つは、翻訳も行うナレーション制作会社に依頼することです。

翻訳専門会社の場合は、翻訳の品質や料金などに応じて、数段階にレベル分けしたサービスを行っているところが大半です。また、原稿内容と同じ専門分野の翻訳者やチェッカーが作業を担当する会社も珍しくありません。翻訳費用は企業によって異なりますが、日本語1字あたり14~25円程度です。

一方、翻訳を行うナレーション制作会社の場合はさまざまです。翻訳とナレーションがセットになった料金設定もあれば、別料金になっている会社もあります。また、レベルだけでなくジャンルごとに料金が異なり、日本語1字あたり10~15円程度が一般的です。翻訳付きのナレーション制作会社の中には、翻訳者による翻訳後の原稿を、ナレーターが読む前に英文校正してくれる有料サービスもあります。

英語ナレーションの料金体系

英語ナレーションの料金体系日本語のナレーションと同じく、露出媒体や使用目的(個人・商用など)によって料金が大幅に異なる場合が多数です。一般的に、コマーシャルなど不特定多数に向けて発信する商用目的のものは、料金が高く設定されています。

料金は主に、ナレーターのみのプランとスタジオ収録プランの2パターンがあり、両方扱う制作会社もあります。会社によって異なりますが、商用利用を例にすると、7万5,000円程度(ナレーター&収録込み・1ワード25円)から。または、ナレーターのみだと1時間5万5,000円程度から、スタジオ収録込みだと1時間6万円程度からが目安です。

英語ナレーションの納品方法

英語ナレーションの納品方法

収録された英語ナレーションは通常、音声ファイル(WAV形式、AIFF形式、MP3形式など)で納品されます。

完成した音声ファイルはナレーション制作会社の指定したサーバーにアップロードされ、ファイルをダウンロードする形式や、CD-ROMなど記録媒体で納品される場合もあります。制作会社によって方法はさまざまですので、ご確認ください。

ジーアングルの外国語ナレーションサービス

ジーアングルの外国語ナレーションサービスは、翻訳から行うことが可能です。英語・中国語・韓国語など20カ国以上の言語に対応しています。ナレーターの手配だけではなく、スタジオも同時に手配可能です。
また、英語や中国語を話せるスタッフもサポートしますので、ナレーション収録もご安心いただけます。英語翻訳のナレーションを依頼したい場合は、ぜひご相談ください。

 

おわりに

今回は、英語翻訳のナレーションを依頼する際に知っておきたいポイントや料金体系、納品方法をご紹介しました。英語翻訳のナレーションは、企業のPVや観光地・文化紹介動画、音声ガイダンスなど、さまざまな場面で活用されています。
料金は、英語翻訳のナレーションは翻訳+ナレーションと作業が多く、費用も日本語に比べると割高です。しかし、グローバルに適用した動画や音声ガイダンスを作成したいなら、専門のスタッフにお任せすると安心です。ネイティブの方が聞いても違和感のない英語ナレーション制作をお求めの場合は、外国人ナレーターが多く所属する制作会社を選択するとよいでしょう。

 

お問い合わせ