3DCG動画でのプレゼンはイケてる?ビジネスで活用するメリットと効果

3DCG動画でのプレゼンはイケてる?ビジネスで活用するメリットと効果

昨今のビジネスにおけるプレゼンでは、3DCG動画が活用されることも多くなってきました。建築やインテリア、車や機械の製品説明などにも利用され、より視覚的・感覚的に情報を伝達できる手段として重宝されています。

今回は、3DCG動画とはどういうものなのか、導入した際に得られるメリットや効果についてご紹介します。

3DCG動画とは?

3DCG動画とは?3DCGとは、コンピューターグラフィックスの中でも縦・横・高さの三次元で立体的に表されたものです。コンピューター上に作られた、仮想の三次元空間の中に製品の模型を置いて、色付けをしたり素材や材料を設定したりして、完成後の製品のイメージを、実物により近い状態で視覚的に確認することができます。

完成前のマンションの内装など、全てコンピューター上の仮想空間で処理されるため、実際には見ることが難しい角度からでも確認が可能です。加工処理によって、実際の質感やイメージに限りなく近づけることもできれば、CGの感じを残してメカニックな印象の仕上がりにすることもできます。

3DCG動画は3DCGを動画にしたもので、例えば、車が走っている際のエンジンの状態などを静的な画像としてではなく動的な映像として伝達や確認ができるため、より感覚的な情報共有を可能にします。3DCGを利用することでプレゼンなども効率的に行えるでしょう。

3DCG動画を導入するメリットや役割は?

3DCG動画を導入するメリットや役割は?3DCG動画をプレゼンに導入した場合のメリットとしては、説明よりもアピールポイントに重きを置いた発表ができる点や製品のイメージが伝わりやすい点などが挙げられます。

これまでは、契約や商品説明でクライアントにプレゼンする場合、模型や試作品を何度も作り直す必要がありました。3DCGでは実物の模型や試作品を作る手間と費用を削減し、効率的にプロジェクトを進めることができます。完成後の実際の製品に限りなく近いイメージを用意してプレゼンできるため、認識のずれや試作品の失敗などのリスクヘッジにもつながるでしょう。

プレゼンにおいて、3DCG動画の主な役割は、製品の使用イメージやコンセプトなど、現実では再現が難しい映像を3DCGによって視覚的に表現し、より効果的なプレゼンを行うことです。

また、商品のパッケージやゲームソフトといった販売促進の宣伝材料としても有効に活用されています。さまざまなシチュエーションに応じた映像制作ができるため、プレゼンに限らず、「イメージを共有する」という点において、ビジネス上での多くの可能性を秘めているのです。

3DCG動画が活用されているシーンは?

現在、ビジネスで3DCG動画がよく活用されているのは、建築や不動産、車などの業界。製品説明や販売促進の場で目にする機会が増えました。企画段階でイメージにずれがあると多大な損失につながってしまうため、特にマンション建設など大規模なプロジェクトで3DCGは有用と言えるでしょう。

建物内部のイメージを分かりやすく伝えることができるため、分譲マンションの販売広告に利用されたり、走っている車体の様子や内部の状態を視覚的に確認できることから、車の製品案内に利用されたり、3DCGが活躍する場はどんどん増えています。

また、視覚的・感覚的に情報を提示できるため、近年は広告宣伝や企業ホームページにも採用される傾向にあるようです。取り扱う商品のイメージがつかみやすく、購入後のイメージ違いによって起こるクレームを減らす効果も見込めるため、顧客満足度を高く維持することにもつながるでしょう。

おわりに

今回は3DCG動画を活用するメリットと実際の活用例についてご紹介しましたが、活用例以外でも、さまざまなシーンで活用されています。

よりリアルなイメージ映像で視覚的なインパクトを与えることができる3DCG動画は、クライアントの心をつかむために最適な手段の1つです。
ビジネスの場ではプレゼンが必要とされる機会が多くあります。より分かりやすく伝えられる3DCG動画を活用して、イケてるプレゼンを目指してみてはいかがでしょうか。

■ ビジネスにおける動画コンテンツの活用に関してはこちらの記事もチェック!
BtoB企業で動画コンテンツは重要?活用シーンと効果を紹介