BtoB企業で動画コンテンツは重要?活用シーンと効果を紹介

BtoB企業で動画コンテンツは重要?活用シーンと効果を紹介

現在、動画コンテンツは効果的なマーケティングの手法として利用されています。

動画によるマーケティングはBtoC市場で多いと考えられがちですが、実は企業向けサービスを中心としたBtoB市場においても、動画の活用で大きなチャンスを獲得することができます。そこで今回は、BtoB企業の動画コンテンツ活用シーンと効果をご紹介します。

BtoB市場で急速に成長する動画コンテンツ

BtoB市場で急速に成長する動画コンテンツ

動画コンテンツは、インターネットやSNSの利用者の増加とともに急激に成長しています。動画コンテンツの魅力は、映像と音声の両方を利用することで理解や印象を強められることから、多くの方にインパクトのある宣伝が可能なことです。

BtoB市場では、BtoCよりも動画コンテンツのメリットを享受できないと思われがちですが、BtoB企業でもコンテンツとして動画を活用することで、新規顧客を増やす企業が出てきています。BtoB企業でもインターネット上の見込み顧客へのアプローチは重要であり、動画コンテンツを取り入れることで自社サービスに対する深い理解を促し、具体的な契約に結び付かせることが可能です。

企業の動画コンテンツの活用シーンと効果

企業の動画コンテンツの活用シーンと効果

基本的な目的や活用方法は、BtoCと変わらず「企業のブランディング」や「商品紹介」などです。動画を利用することで、文章やグラフなどだけでは表現しにくかった、商品のプロモーションがしやすくなります。

動画コンテンツはクリック率が高いため、ネット上で必要な情報を探している潜在顧客の目にとまりやすく、効率よく見込み客を得ることが可能です。相手も動画を閲覧するだけで、問い合わせの手間もなく必要な情報が得られるため、次のステップに進みやすくなります。

また、BtoBの取引では、情報を集めた担当者が上司などの決裁を仰ぐことが一般的です。その際も動画コンテンツを利用することができれば、上司への説明がスムーズになり、契約までの道のりを短縮することが期待できます。主な活用シーンとしては、次のような場面で動画コンテンツが公開されています。

■実際に利用している企業の声を届ける

サービスを購入した企業は、実際にどのように活用しているのかを紹介、または顧客からの質問に答えるなどのコンテンツを流すことで、サービスの理解のしやすさに加えて企業全体の信頼度も高くなります。

自社の商品・サービスを実際に導入した企業の声を届けることで、実際に利用するときのイメージや活用方法、メリットなどを具体的に伝えましょう。

■展示会で活用する

展示会などの催しにおける動画の活用も効果的です。ブースに注目を集めるために、現地で流す動画や事前告知で集客する動画など、活用方法はさまざまです。大規模な会場内では自社ブースに目を向けてもらうことは大変ですが、動画であれば自然に注目させやすく、来場者も気楽に必要な情報だけを得られるため、ブースに人が集まりやすくなります。

第一印象を強めるアイキャッチとして利用して、実演しにくい部分をCGなどで紹介する方法もおすすめです。

・展示会での3DCGの活用についてはこちらの記事をチェック!
BtoB企業で動画コンテンツは重要?活用シーンと効果を紹介

■Webセミナーで活用する

Webセミナーという形で動画配信することで、既存顧客との継続的なお付き合いに活用することができます。遠隔地の見込み顧客も利用しやすく、時間を選べるため、利用しやすいことがメリットです。

おわりに

動画コンテンツには、BtoCと同じく見込み顧客の集客や安定的に顧客を獲得しやすくなるなどのメリットが得られるため、活用するBtoB企業が増えてきています。

活用シーンに合わせた動画コンテンツの制作を行うことで、顧客も利用しやすく、自社にも集客しやすい環境を整えましょう。

映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい

実写・セルアニメーション問わず
弊社ディレクターが企画のご提案からさせて頂きます。

サービスや商材のプロモーション、説明動画、事例紹介やリクルート映像などお客様のご要望と課題を解決する映像コンテンツをご用意させて頂きます。

映像・動画制作サービス詳細 セルアニメサービス詳細
映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい