eラーニング(教材・コンテンツ)制作でナレーションが重要な理由

eラーニング(教材・コンテンツ)制作でナレーションが重要な理由

eラーニングの教材やコンテンツの制作では、eラーニングの教材をより効果的に学習させるために、シーンに適した発信方法が選ばれます。

また、教材を制作する上ではナレーションも重要です。そこで今回は、eラーニングの制作にあたってナレーションの役割と重要とされる理由をご紹介します。

eラーニングとは

eラーニングは、従来インストラクターと受講者が実際に対面で行っていた集団研修などの授業を、インターネットを通して受講できるシステムです。

インターネットを利用することで、遠隔地にいる方や時間が合わずに研修に参加できない方にも学びのチャンスを与えることができます。インストラクター側も1人1人の進捗状況を、都度確認する必要がないため負担が少なくなります。

また、教材も本や冊子上ではなく、インターネット上で配布することで、教材に掛かるコストも削減できることもメリットです。

eラーニングの発信方法

eラーニングの発信方法eラーニングには、コンテンツ授業やセミナー撮影などの手法があります。

最も一般的なものは、実際にインストラクターが授業を行っている様子を撮影して、録画された映像を生徒が受講するというスタイルです。

また、集団での研修風景を撮影して、参加できなかった方が視聴するという場合もあります。

 

■アニメーション

アニメーションを使ったeラーニングは、業務に必要ではあるが面白みに欠けるような研修に利用すると効果的です。文字やデータのみの教材ではなく、表現が豊かなアニメーションを使うことで退屈に感じることがない授業にできます。また、絵と声と文字を併用するため、記憶にも残りやすくなります。

■スライド合成

スライド合成によるeラーニングもあります。パワーポイントなどの資料を持っている企業では、資料を活用してeラーニング教材を制作することもできるでしょう。

ナレーションで理解を深める

ナレーションで理解を深めるeラーニングには、実際に対面で学んでいるかのような臨場感、視覚、聴覚に訴えることができるなど、紙媒体では得ることができない魅力があります。そして、eラーニングの臨場感やリアルさを再現するために、ナレーションは非常に重要な要素です。

視覚情報だけではなく聴覚情報があることで、利用者はコンテンツの内容をより深く理解することができます。

eラーニングでは、それぞれの受講者が自発的にコンテンツを視聴して学びます。自分の好きなタイミングで学べる反面、リアルタイムでインストラクターとの直接的なコミュニケーションが取れない点はデメリットといえるでしょう。ナレーションは、そのようなeラーニングの短所を補い、対面式でなくても理解度を深めるために役立ちます。

例えば、スライド資料だけのeラーニング教材にナレーション音声を加える他、アニメーションやマンガ教材にナレーションを組み合わせることも可能です。また、文字や映像だけでは分かりにくい点を説明する際にもナレーションは適しています。

ナレーションをうまく活用することで、個人学習に刺激を与え、利用者の効率的な学習をサポートしてくれるでしょう。

おわりに

授業撮影、スライド、アニメーションなど豊富な教材を利用できるeラーニングは、時間やコスト面で今までより制限を受けずに自由に学習することができるスタイルです。eラーニングでの学習をより深い学びにするためにも、ナレーションは重要な役割を担っています。

eラーニングのコンテンツの参加率を高めて、共通理解を図るためにも、ナレーションの聴覚情報を活用して良いものにしましょう。

ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい

所属ナレーターは100名以上
言語は17ヶ国語に対応しております!

ゲーム音声、CM、企業VP、教材などあらゆる声のニーズに対し、
毎月100件以上の音声制作実績でお答えいたします。
御社コンテンツにマッチした経験豊富なナレーター、声優の提案をいたします。
「すべてはクオリティのために」・・・
品質だけではなく、価格、スピード、提案力でご満足頂ける音声を提供いたします。

ナレーション、ゲーム音声制作サービスの詳細はこちら
ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい