撮影では表現できない!Webサイトに3DCG映像を掲載するメリット

撮影では表現できない!Webサイトに3DCG映像を掲載するメリット

今や、Webサイトは多くの企業にとって当たり前の情報発信手段となりました。Webサイトにはさまざまなコンテンツが掲載されていますが、近年では3DCG映像を掲載しているWebサイトが増えてきています。

そこで今回は、Webというプラットホームにおいて、3DCG映像の掲載がどのようなメリットをもたらすのかをご紹介します。

インパクトによる高い訴求力

インパクトによる高い訴求力Webサイトは、コンテンツの質が高ければ膨大な数のユーザーを引きつけられる可能性を秘めています。一部のユーザーの間で話題となれば、その話題が飛び火して大ブームとなることも珍しくありません。SNSが普及している現在、ユーザー間で話題となるために必要なコンテンツのインパクトは、さらに重要視されています。

静止画や2Dなど、表現の方法はさまざまですが、インパクトや迫力という観点からいえば、3DCGがすぐれているといえるでしょう。特に音楽やアニメ、映画などのエンターテインメントを取り扱う産業のWebサイトでは、3DCG映像を掲載することによって受けられる恩恵が大きいはずです。

インパクトの強い3DCG映像を作成できれば、一度訪れたユーザーの記憶から離れない、強烈なコンテンツになるでしょう。

存在しないものを具体的に表現できる

存在しないものを具体的に表現できる3DCGに登場するものや人物は、実際に存在している必要はありません。掲載する段階では構想しかないもものや実現できないものも、ユーザーに映像として見せることができます。そのような意味では2D画像を掲載するという手段もありますが、得られる情報量は3DCGの方が圧倒的に多いでしょう。

存在しないものを鮮明に表現できるというメリットは、リリースが予定されているプロダクトの概要を、ユーザーへといち早く紹介する場面で生きてきます。他社に先んじて新しいアイデアが詰まった製品の動画を3DCGで紹介できれば、リリース前から大きな宣伝効果が期待できるでしょう。

撮影設備を用意する必要もないため、コストダウンの効果もあります。

距離・角度による見え方の違い

現在は多くのECサイトが存在しており、ユーザーは家から出ることなく買い物を楽しめるようになりました。そんな中でも、商品によっては距離、角度による見え方を確認してから購入したいというニーズは依然として残っています。大物の家具や、衣類などはその代表的な例です。

ECサイトの商品ページに3DCGの映像を掲載すれば、距離・角度による見え方の違いを確認したいというユーザーの情報収集要求を満たすことができます。店舗に足を運ぶことができないユーザーへの、商品説明にもなるでしょう。シリーズものの商品で、モデルチェンジの刷新を頻繁に行っている場合でも、一度3Dモデルを用意してしまえば修正は簡単です。データで管理しているため、修正コストを抑えられることも3Dデータの魅力といえます。

おわりに

今回は、Webというプラットホームにおいて、3DCG映像の掲載がどのようなメリットをもたらすのかをご紹介しました。Webサイトに3DCG映像を掲載するメリットは、もともと自社のサービスや商品に興味をもっていたユーザーはもちろん、それまで興味をもっていなかった多くのユーザーにもインパクトのある宣伝効果があるということです。

展開しているビジネスや産業によっては、2Dよりも3Dとの親和性の方がはるかに高く、大きな宣伝効果が期待できます。Webサイトの更新を担当している方は、3DCG映像の導入を検討してみてはいかがでしょうか。アイデア次第では、大きな宣伝効果を生むはずです。
自社内での作成が難しい場合は、専門の制作会社に依頼するという方法もあるため、検討してみてください。

■ 作成した3DCGデータはサイトだけでなくカタログなど紙媒体でも活用できますよ。
プロダクトCGをカタログに利用!広告ビジュアル制作に3DCG画像を用いるメリット