商品・サービス紹介(PR)の動画制作で担当者が把握しておくべきこと

商品・サービス紹介(PR)の動画制作で担当者が把握しておくべきこと

商品・サービス紹介のPR動画は、企業や組織の商品・サービスをプロモーションするために重要なツールです。

一般的にPR動画は、インターネット上で配信したり、展示会場のモニタに映したりするものが多く、コマーシャルのような演出が必要です。そのため、制作の際は企画構成から完成まで、多くの時間と人を費やして制作に携わることになるでしょう。

そこで今回は、PR動画の制作を依頼する際に、発注担当者が事前に把握しておくべきことをご紹介します。

PR動画を配信する場所

PR動画を配信する場所

商品やサービスを動画で紹介する場所は数多くあります。展示会などではPR動画を放映するために、ブースの中央に大きなモニタを設置している企業が多く、競合が集うプロモーションの場では、インパクトも大切です。より目立ち、人目を引く動画を放映することが、集客のポイントにもつながるでしょう。

また、展示会やイベント会場以上に、常時集客できる場所があります。それは、自社のWebサイト、SNSなど、インターネット上での配信です。

WebサイトやSNSでPR動画を配信すると効果が良いのは、ここ数年の動画広告の普及からも明らかであり、テレビ以上に視聴者が増えてきているインターネットは、大きなプロモーションの場所と言えるでしょう。

配信する場所に合わせて、比較的短い時間で制作できるPR動画は、「顧客」の心を掴む大切な集客ツールです。

■ 展示会や店頭など様々な場面における動画マーケティングについてはこちらをチェック!
効果はあるの?展示会の動画マーケティングを成功させる3つのポイント
店頭プロモーションで商品PR!販促動画で売上アップにつなげよう!

PR動画の種類と目的

PR動画の種類と目的

PR動画の制作には、実写版のみの場合と、実写とCGまたはアニメーションとの組み合わせ版など、複数種類の動画があります。

また、制作会社によっては、それぞれ得意な分野があるので、制作会社を探す際は、注意しましょう。

自社のPR動画をどのように配信していくか、PRする商品・サービス紹介のテイストに合っているか、などを考慮してPR動画の種類を選定する必要があるでしょう。

また、PR動画を制作する目的を把握しておく必要があります。商品・サービスの使い方や利用方法を伝える「ハウツー動画」、仕様や性能を伝える「商品説明動画」、キャッチな文言やインパクトを伝える「インパクト重視のPR動画」など、制作するPR動画の目的により動画の種類が違ってくるでしょう。

制作会社の選び方

制作会社によっては、PR動画を制作してから配信するまでを総合的にマーケティングし、支援やサービスを行う制作会社もあります。そのため、制作会社は自社が不足しているリソース面を十分に補ってくれる会社を選ぶのがおすすめです。

PR動画は、企画のコンセプトが大切なため、自社の商品・サービスイメージに似たPR動画の過去実績を見て、制作会社のクオリティを確認しましょう。

また、制作会社を選ぶ際のコツとして、こちらの言われたとおりに撮影を行い、要望通りにPR動画を制作してくれる制作会社に依頼をするよりも、動画マーケティングの経験が豊富で、企画提案・打ち合わせをしっかり行ってくれる制作会社の方がおすすめです。「動画の企画をどこまで提案してくれるか?」「制作の目的を理解して制作してくれそうか?」などを考慮して、制作会社を選定することがベストでしょう。

おわりに

今回はPR動画の制作を依頼するときに、担当者が把握しておくべきことをご紹介しました。

PR動画を制作するときは「誰にどこで見てもらうか」「何を伝えることが目的なのか」を明確にして制作会社に依頼することが重要です。

また、PR動画の制作会社にも、ジャンルにより得意・不得意な分野があることや、PRしたい商品やサービスの紹介内容によって制作会社を選ぶことが大切です。

映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい

実写・セルアニメーション問わず
弊社ディレクターが企画のご提案からさせて頂きます。

サービスや商材のプロモーション、説明動画、事例紹介やリクルート映像などお客様のご要望と課題を解決する映像コンテンツをご用意させて頂きます。

映像・動画制作サービス詳細 セルアニメサービス詳細
映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい