VTuberのモデルにも使われているLive 2Dとは?Live 2Dの活用シーンや作り方

VTuberモデルの制作で、よく耳にするのが「Live 2D」です。Live 2Dとは、2Dイラストに立体的なアニメーションを加える表現技術のことをいいます。原画の画風を保ったままキャラクターを動かすことができ、表情を豊かにつけることができます。

そこで今回は、Live 2Dの概要や活用シーン、作り方などを解説します。

目次

Live 2Dとは

Live 2Dとは、2Dイラストに立体的な動きをつけられる表現技術・ソフトウェアのことを指します。イラストをパーツ分けし、各パーツを変形させることでなめらかな動きを実現することができます。

2Dイラストが元になっているため、作画の美しさを保ちながら表情やポーズといった動作をリアルタイムで変えることが可能です。

Live 2Dが活用されているシーン

Live 2Dは、VTuberモデルやゲームなどで使われています。ここでは、Live 2Dが活用されているシーンについて解説します。

VTuberモデル

VTuberとは、バーチャルYouTuberのことで、アバターを使って動画配信を行う方のことを指します。このVTuberモデルを作る際、3DCGが使われることもありますが、Live 2Dでの制作も主流となっています。

表情をトラッキングできるソフトやVTuberモデルを動かすソフトがLive 2Dに対応していいます。個性豊かでなめらかな動作のキャラクターを実現できるため、Live 2DはVTuberの制作に欠かせないツールとして使われています。

アニメ・ゲーム

Live 2Dは、アニメやゲームにも活用されます。

例えば、キャラクターの立ち絵やイベントシーン、表情などに活用することでより自然で臨場感のある体験をユーザーに提供することができます。特にゲームでは、主にソーシャルゲームに使用されていて、Live 2D が身近な存在になっています。

アニメやゲームでLive 2Dを利用することで、なめらかなアニメーションを楽しめます。2Dイラストが立体的に動くため、自然で魅力的な表現を可能にしてくれます。

デジタルサイネージ・広告活用

Live 2Dは、広告で活用されることもあります。例えば、ディスプレイなどの電子機器を使って、情報を発信するデジタルサイネージ(電子看板)があります。企業キャラクターをLive 2Dによって動きをつけることで、店舗案内や広告宣伝などを行うことが可能です。アイキャッチや広告などにLive 2Dを使うことで、より目を引くデザインを実現することができます。

Live 2Dを使用するメリット

Live 2Dが多くのコンテンツで使われているのは、さまざまなメリットがあるからです。ここでは、そのメリットについて解説します。

イラストのまま動画にできる

まずメリットとして挙げられるのが、イラストのまま動画にできることです。3Dモデルの場合は、原画を3Dデータに変換する必要があります。一方で、Live 2Dはイラストレーターが描いた絵のタッチのまま動きをつけることができます。3Dモデルのようにデータの変換の手間がかかりません。

また、原画をそのまま活用しながら、キャラクターのパーツ(目、口、髪、身体など)を独立して動きや表情をつけることができ、自然なアニメーションを実現できます。原画の美しさやデザインをそのままに、キャラクターの個性や魅力が損なわれないのがLive 2Dのメリットです。

簡単に制作ができる

3Dモデルは、原画を3Dデータに変換することから、その分手間とコストがかかります。Live 2Dの場合は、ソフトウェアを使って比較的簡単に制作ができます。簡単に利用できるものの、ハイクオリティなアニメーションを作れるのも、Live 2Dのメリットです。

制作会社でも利用されている

Live 2Dは、個人でも利用できるソフトウェアですが、制作会社でも利用されています。有名なアプリやゲームでも使われていて、プロも利用するほど、ハイクオリティなアニメーションを作ることができるのです。

動くイラスト「Live 2D」の作り方

では、Live 2Dはどのように作るのでしょうか。Live 2Dの制作には、Live 2D Cubismというソフトウェアを利用します。

イラストを制作(パーツ分け)

まずは、動きをつけたいイラストを制作します。イラストは、動きや表情などアニメーションをつけるために、パーツ分けして制作を行います。パーツ分けは、頭や顔、体、装飾品など細かく分けていきます。

Live 2D Cubismで骨格を設定する

イラストをLive 2D Cubismにインポートし、リンクを行います。リンクは、アニメーションをつけるための骨格を設定します。骨格を設定することで、立体的な動きにすることができます。

アニメーションをつける

次に、アニメーションをつけていきます。Live 2D Cubismの設定から表情やポーズを作成します。リップシンク機能を利用することで、音声に合わせて口の動くよう自動で生成することができます。

最適化させる

パフォーマンス向上のため、アルゴリズムを最適化します。不要な透明領域を削除し、アルゴリズムのサイズを調整します。調整することで、描画の負荷を減らすことができます。

Live 2Dの制作はプロに依頼することもできる

Live 2Dを制作するには、Live 2Dのソフトウェアを扱うため、知見が必要となります。

また、Live 2Dの制作にはイラストも必要となるため、イラスト制作もしなければなりません。Live2D Cubismの知見やイラストに関する知見がない場合は、制作をプロに依頼することがおすすめです。依頼は、個人のクリエイターに依頼する方法と制作会社に依頼する方法があります。ここでは、個人、制作会社へ依頼する方法をご説明します。

個人クリエイターへ依頼する場合

個人でLive 2D制作を請け負っている方がいます。個人クリエイターへお願いする場合、SNSやクラウドソーシングから相談・依頼を行います。制作会社に依頼する方法と比較して、コストを抑えて制作してもらうことが可能です。相場はイラスト制作・パーツ分けも含めて15万程度です。

個人クリエイターの場合、対応ができる工程やテイストなどが異なるため、事前にチェックしてから依頼するようにしましょう。また、人気のクリエイターの場合、納期に時間を要することがあります。期日は、余裕を持って依頼すると安心です。

制作会社へ依頼する場合

Live 2D制作は、個人クリエイター以外に制作会社へ依頼することもできます。制作会社では、細かい要望にも対応してくれることが多く、初心者の方でも丁寧にヒアリングしてくれます。

依頼相場はイラスト制作・パーツ分けも含めて40万程度です。費用はかかりますが、制作会社はまとめて製作工程を依頼することができ、最後まで丁寧に対応してくれるため、おすすめです。制作会社によっても得意なことが分かれるため、依頼の前はこれまでの実績を確認しておきましょう。

特にVTuber事務所や、企業VTuberを作成したいと考えている場合は複数モデルを用意しなくてはならないケースもあると思います。制作会社であれば複数モデルを同時に発注することも可能な場合がありますので、おすすめです。

Live2Dの制作依頼の相場については下記の記事でも詳しくご紹介しています。

Live2Dの制作依頼の相場はいくら?個人と制作会社別に紹介

あわせて読みたい
Live2Dの制作依頼の相場はいくら?個人と制作会社別に紹介 Vtuberの制作は、2Dまたは3Dで制作します。2Dで制作する場合は、「Live2D」を使用します。では、Live2Dを使ってVtuberキャラクターを作る場合、どのくらいの費用がかか...

Live 2Dの制作はジーアングルにご相談ください!

クオリティや細かい要望を反映させたいのであれば、Live 2D制作は制作会社に依頼がおすすめです。コストはかかりますが、スムーズなコミュニケーションで要望を反映しやすくクオリティも担保されています。納期やスケジュールに関しても制作会社が管理・進行してくれるため、負担が少なく進めることができます。

ジーアングルでは、Live 2Dモデルの制作を承っています。パーツ分けからセットアップまですべての工程を依頼可能です。

他にも、VTuberコンテンツに使用できるチャンネルロゴや背景、サムネイルなどの制作も行っております。3Dモデルの制作も可能ですので、2Dモデルか3Dモデルで制作するか悩んでいる方も、ぜひご相談ください。

Vtuber制作サービスの
詳細はこちら
お問い合わせ

おわりに

今回は、Live 2Dの概要や活用シーン、作り方について解説しました。

Live 2Dは、2Dイラストにアニメーションをつけられるソフトウェアのことで、VTuberモデルやゲーム、アニメなど幅広いジャンルで利用されています。イラストにそのまま動きをつけることができるため、イラストレーターさんのタッチのまま動きをつけることが可能です。中でも、VTuberモデルで多く使われているため、VTuberの制作を考えている方はLive 2Dの利用をおすすめします。

  • URLをコピーしました!
目次