動画マーケティング拡大によるBGM・効果音など、音楽制作の重要性

動画マーケティング拡大によるBGM・効果音など、音楽制作の重要性

現代はスマートフォンの普及により、多くの方が何らかのインターネットデバイスを所有しています。そんな中、急速に拡大しているマーケティングの手法が「動画マーケティング」です。ニュースサイトやECサイト、SNSなどインターネット上の至るところで、動画によるマーケティングが散見されます。

動画によって強いインパクトを与えるためには、映像の内容や質が重要です。しかし、同時にその動画に組み込まれている「音」も大きなポイントとなります。

そこで今回は、動画マーケティングにおいて留意しておきたいBGMや効果音など「音」の重要性についてご紹介します。

視覚と聴覚のシナジー

視覚と聴覚のシナジー人間が得ている情報のうち、視覚から入る情報は全体の87%を占めていると言われています。一方、聴覚による情報は7%程度です(触覚3%、嗅覚2%、味覚1%)。この数字だけを見ると、聴覚はさして重要ではないと思われるかもしれません。

しかし、そもそも「動画」というコンテンツには、視覚と聴覚以外の情報は存在しません。そう考えると、7%という数字も決して無視できるものではありません。加えて、動画コンテンツは視覚情報と聴覚情報が組み合わさることで、大きな相乗効果を生み出します。

例えば、テレビ番組や映画、ゲームなどに入っている効果音は、映像と合わせて相乗効果が生み出される代表例です。効果音がなければ臨場感は生まれず、映像全体にメリハリがなく、視聴者やプレーヤーを映像の世界へ引き込むことができません。このように、映像と音は互いの相乗効果を生み出す存在であり、動画マーケティングにおいてはセットで考える必要があります。

短い動画でインパクトを残す「音」の役割

インターネットは、人々がさまざまなことを調べることができるツールです。一方、新規顧客獲得のために動画マーケティングを展開する側は、ユーザーへ新しい情報を提供します。しかし、このような情報は見る人にとって「ノイズ(雑音)」としてとらえられるのが実情です。

ユーザーは自身が調べたい情報を得るためにインターネットを利用するので、ノイズとして入ってくる「不要な動画」の視聴には、なるべく時間を割きたくはありません。そのため、マーケティング用の動画の多くは、視聴時間がテレビCM程度の短い時間でまとめられています。そして、短時間で視聴したユーザーに十分インパクトや、情報量を提供するためには、BGMや効果音による情報の補塡(ほてん)が不可欠というわけです。

チョイスも重要!音楽がもたらす効果とは

チョイスも重要!音楽がもたらす効果とはここまでは動画における効果音やBGMの重要性についてお話してきましたが、「音があればそれでいい」というわけではありません。動画に加える音によっては、ユーザーに伝わる印象や情報が大きく湾曲してしまいます。

動画マーケティングにとって、BGMや効果音は企業のブランディングに関わる大きな要素です。映像と音のミスマッチを避けるのも、動画コンテンツ制作における一つの重要なポイントと言えるでしょう。

おわりに

今回は、動画マーケティングにおいて留意しておきたいBGMや効果音など「音」の重要性についてご紹介しました。しかし、動画マーケティングに関するナレッジがない企業の方は、少々制作にハードルを感じているかもしれません。動画マーケティングのアイデアさえあれば、必要不可欠なものは全て制作会社で対応可能です。専属のディレクターをアサインし、動画の完成に至るまで、制作進行してくれます。「動画マーケティング用のコンテンツを掲載したい!」というアイデアをお持ちであれば、プロの制作会社に依頼するのがおすすめです。

■ BGMの効果といえば、耳に残るCMソングもその一つです。耳に残るCMソングについて詳しくはこちらの記事をチェック!
音楽による効果は?印象に残るCM(コマーシャル)ソングの特徴