コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

こんにちは、ジーアングルのキャスティング担当の森です。
早くも2021年に入って1ヶ月が経過しました。昨年は慣れないリモートワークや、新しい勤務形態で悩まれた方も多かったのではないでしょうか。ジーアングルのスタジオでも昨年から色々なコロナウイルス対策を常に追加、変更しております。
今回はその中でも設備面にフォーカスしてご紹介をさせていただきます。

過去の記事はこちら→(リモートワーク推奨中のスタジオ運用について

【目次】

引き続き実施している対策

・次亜塩素酸 空間除菌脱臭機をスタジオに設置
「ジアイーノ」 をスタジオに導入

・会議室、コントロールルーム、その他全打ち合わせスペースに消毒液の設置
コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

・お手洗いに専用洗剤の設置、ハンドドライヤーの停止
大学病院等でも使用されている手洗い石鹸を設置、使用しております。
専用洗剤の設置、ハンドドライヤーの停止

・部屋使用前後の消毒対応
・多人数同時収録を避け、人と人の間隔を空けるよう推奨
コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

新たに更新した対策

以前から実施しておりましたが、状況に合わせ変更のあった施策もご紹介いたします。

・非接触の体温計の設置
以前は手に持って、額にかざして検温するタイプを導入しておりましたが、画面の前に立って検温するタイプに変更いたしました。
(ご来社時の検温にご協力いただいております)
コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

・各会議室、コントロールルーム、ミーティングスペースへのパーテーションの設置
以前から導入しておりましたが、エンジニアとディレクター席の間含め、各所に数を増やして設置しております。
コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

・非接触の消毒液ボトルの設置
エントランスと各スタジオの入り口に設置していたポンプ式の消毒液を非接触の消毒液ボトルに変更いたしました。
コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

・抗菌おしぼりの変更
今までもウイルス・菌の働きを抑制する「VBおしぼり」をご提供しておりましたが、タオル地のものから使い捨てのおしぼりに変更いたしました。
コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

・ドリンク提供方法の変更
各スタジオに冷蔵庫を設置いたしました。こちらからご自身でお好きなドリンクをお取りいただくようにしております。
(※現在ホットドリンクの提供はストップさせていただいております。)
提供ドリンクをペットボトルまたは缶のみに変更

新規で実施している対策

・ロールカーテン式のパーテーションの導入
基本的にお一人での「抜き録り」を推奨しておりますが、外画収録など複数人でブース内に入る必要がある場合にロールカーテン式のパーテーションを導入いたしました。
複数人で収録が発生した場合はこちらを使用してブース内を区切って収録しております。
コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

・オゾン殺菌の実施(毎日就業後)
オゾンを使用したスタジオとオフィスの殺菌を毎日実施しております。
コロナ禍におけるスタジオ運用について【2021年改訂版】

最後に

最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。
弊社と同じく、収録業務を行っているスタジオの皆様にも、何かお役にたてる情報があれば幸いです。

また、収録にいらっしゃる声優さま、ナレーターさま、お立ち会いされるクライアントの皆さまには安心してご来社いただけるよう、引き続きできる限りの対策を行ってまいります。

お困りのこと、不安なことなどあれば、些細なことでもご相談くださいませ。
ご連絡お待ちしております。
一日も早い事態の収束と、皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。