自社Vtuberをマーケティングに活用するメリットは?Vtuberマーケティングの成功例

G:\共有ドライブ\★ディーエムソリューションズ株式会社様 ⇄ ジーアングル【SEO】\コンテンツマーケ\新規記事案\納品\20220428_4月納品記事(2本)_ジーアングル様\自社Vtuberをマーケティングに活用するメリット

近年、注目されているVtuber。企業とVtuberがタイアップするなど広告としても利用されはじめ、さまざまな所で目にする事が増えてきています。企業の中には、自社でVtuberを制作し、運用しているケースもあります。
新たなプロモーション方法として注目されるVtuberですが、マーケティングに自社Vtuberを活用するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。
そこで今回は、自社Vtuberをマーケティングに利用するメリットや成功例をご紹介します。

Vtuberとは

バーチャルユーチューバー(Virtual YouTuber)のことを「Vtuber」といいます。名前の通り、2Dまたは3Dの仮想のキャラクターを利用して動画を投稿している人たちのことです。
キャラクターのかわいさや、見た目と中身にギャップがあることから、人気を集めています。Vtuberは決められたセリフではなく、動画配信などを通じてリアルタイムで話すこともあるため、仮想のキャラクターではあるもののそのリアリティで、身近に感じられる方が多いようです。

マーケティングにVtuberを活用するメリット・デメリット

メリット

1.キャラクターを通してブランドを知ってもらえる

企業が、Vtuberを利用することで、自然とブランド認知が広がる点がメリットとして挙げられます。人気のあるVtuberが動画内で商品紹介をすれば、Vtuberの発信力を利用して認知度をアップさせること可能です。
特にYouTubeは全世界に配信することができるため、英語翻訳などをつけることで日本国内だけにとどまらず世界にも自社ブランドを認知してもらうことができます。

2.動画からの収益を見込める

YouTubeは広告などを利用して、配信者に収益が入る仕組みがあります。自社商品やサービスなどの売り上げの向上が見込めるのはもちろん、動画からの収益も見込めます。
ただし、収益には再生数やチャンネル登録者数などが関係しているといわれているため、多くの人に見てもらえるようなコンテンツの配信が必要です。

3.さまざまなメディアでの展開が可能

Vtuberを制作することで、YouTubeだけではなく、他のSNSでも活用することができます。さまざまな媒体から、自社の商品のファンをさらに獲得することができるでしょう。

デメリット

1.初期費用や人件費がかかる

キャラクターデザインの決定や、キャラクターを2Dや3D化するにあたり、コストがかかります。他にも、Vtuberの声や動きを担当するキャストなどを決めなければなりません。そのため、Vtuberを制作するにあたり、初期費用や人件費にコストがかかります。

2.ターゲットによっては合わない

Vtuberを見る年齢層は、ほとんどがスマホを持つ世代で、かつインターネットでの動画配信を好んでみているユーザーに限られます。商品のターゲットがスマホを持っていない世代、テレビを中心としている世代には向かないマーケティング方法です。

3.炎上リスクがある

Vtuberは顔出しをしないため、スキャンダルが起こりにくいとされています。
しかし、動画内やSNSなどの投稿内容によっては炎上してしまう恐れもあります。近年はVtuberへの関心が高まり、Vtuberを演じる中の人のスキャンダルも取り上げられはじめています。動画内やSNSなどの投稿内容は、よく確認することが重要です。

Vtuberマーケティングの成功例

ここからは、 Vtuberを活用したマーケティングの成功例をご紹介します。

燦鳥ノム(さんとりのむ)

大手飲料メーカーのサントリーが作成したVtuberです。企業オリジナルのVtuberですが、商品紹介をする動画はあまりなく、ゲーム実況や歌ってみたなどを投稿しています。他のVtuberと変わらない内容を投稿していることから、ファンからも好意的な意見が寄せられています。直接的な宣伝効果はないものの、サントリーのVtuberということで、間接的な宣伝効果があったとされています。

サントリー公式HP

からあげクン

ローソンのキャラクターであるからあげクンをVtuber化。これは、もともとある自社キャラクターをVtuberにした事例です。他のVtuberとのコラボ動画も上げていて、商品であるからあげクンを絡めたキャンペーンも実施しています。

ローソン公式HP

Vtuberマーケティングにかかる費用相場

Vtuberマーケティングを行う場合、まずはVtuberキャラクターの制作から行います。ここでは、Vtuberの制作からコンテンツ制作にかかる費用の相場をご紹介します。

初期費用

・キャラクター制作費

制作会社に依頼した場合は、12万円程度が相場です。それ以上かかるケースもあります。また、個人(フリーランス)の方に依頼する場合は、数万円でできることもあります。

・機材費

自社で制作する場合は、パソコンやWebカメラ、動きをトラッキングする場合はVRベッドセット、マイクなどの機材が必要です。他にも動画を制作するための動画編集ソフトも用意しなければなりません。機材類すべて合わせた相場価格は30万円程度です。機材により価格は異なるため、予算と行いたい活動を考えながら取捨選択をすると良いでしょう。
顔の動きだけ動きをトラッキングする場合は、webカメラ(もしくはiPhone)とマイクという最低限の機材で済む場合もあります。

また、SNSやYou Tubeなどに使用するイラスト・ロゴなど制作を依頼する場合は費用が発生します。アイコン制作であれば5万円から、チャンネルロゴであれば10万円が相場となります。この相場価格は、制作会社に依頼した場合の金額で、個人に依頼する場合は5,000円程度から制作してくれる場合もあります。

都度発生する費用

・コンテンツ制作費

活動に際して投稿する動画には、制作コストがかかるケースがあります。どんなコンテンツを作成するかによって金額の相場が異なりますが、歌ってみた動画については音源の制作で5,000円~30,000円、MIX編集で10,000円、併せて動画の作成を依頼する場合は相場で10,000円~40,000円です。
収録でスタジオを使用する場合は、スタジオレンタル費用5,000円~10,000円ほど発生します。

・キャラクターの変更などに伴う費用

衣装などを変更する場合は、その都度費用がかかります。価格は10,000円からが受けてくれるケースが多いです。個人への依頼も数千円のケースがほとんどです。

・人件費

Vtuberの声や動きを担当するキャストや撮影スタッフ、動画を編集できる方などを用意する必要があります。中の人を決める場合は、オーディションを行ったりキャスティングしたりしなければなりません。そのための費用が発生します。

自社のVtuberを作るには

Vtuberの制作の流れを見ていきましょう。

キャラクターのコンセプトや性格を決める

Vtuber化させるキャラクターのコンセプトや性格を決めます。既存キャラをVtuberにする場合は、さらにキャラクターの性格を掘り下げていくと良いでしょう。

企業イメージを伝えるキャラクターデザイン

・既存キャラを使用する場合

既存のキャラクターを使用する場合、元のデザインからVtuber化させます。

・新しくキャラクターを作る場合

決定したキャラクターのコンセプトや性格を実際のキャラクターに反映していきます。Vtuberとしての顔となるため、細かく希望を伝えることが大切です。

・キャラクターモデリング

キャラクターを作成したら、モデリングを行います。モデリングは、2D(Live2D)または3Dのどちらかで作成します。

・2D(Live2D)

2Dにする場合、基本的にイラスト制作ソフトで「パーツ分け」をしたイラストを作成し、Live2Dを使用してモデリングをします。

・3D

Blenderなどの3Dモデリングソフトを使って3DのVtuberを作成します。最近であれば無料ソフトのVRoid Studioなども人気です。

よくあるパターンとしては、はじめは、2Dモデルで作成し、チャンネル登録者数が一定数を超えたら3D化するという流れもあります。目標を決めて、達成することで3D化が叶うとファンも応援しがいを感じるでしょう。

・名前ロゴやオリジナルの配信画面

ロゴや配信画面は、フリー素材を使うこともできます。しかし、オリジナルのロゴや配信画面だと独自性をアピールすることが可能です。

・キャスティング

実写ではなく仮想のキャラクターなので、声を担当する方をキャスティングする必要があります。また、動作や仕草などをつけるためにもVtuberを演じる中の人を決めることが重要です。外部から契約する場合は、継続させていくためにも綿密な打ち合わせを行う必要があります。
また、Vtuberのキャストが変更した場合は、声や仕草などにあまり変化がないよう工夫しなければなりません。

Vtuber制作を依頼する方法

Vtuberの制作依頼は、制作会社だけではなく個人で請け負っていることもあり、どちらかを選ぶことができます。

個人に依頼するメリット・デメリット

個人に依頼する場合、フリーランスの方が利用しているお仕事募集サイトなどを経由します。個人の方に頼むメリットは、制作会社よりも低コストで依頼ができるという点です。
ただし、個人で仕事を引き受けるため、スケジュールの調整が難しいといったデメリットがあります。また、病気や家事都合で対応ができなくなってしまう恐れもあります。権利関係のことでトラブルになることもあるでしょう。
依頼する方によってクオリティや作成方法が異なることもあります。修正や衣装変更など行う場合は、同じ方に依頼する必要があり、長い間対応してくれる方を見つけなければなりません。

制作会社に依頼するメリット・デメリット

個人に依頼するよりも、コストがかかります。しかし、権利関係のことを依頼時に契約として決められたり、ある程度の人数やチームで動くためスケジュールが調整しやすかったりというメリットがあります。
修正や衣装変更などにも対応してくれることが多く、長期間Vtuberを運用していくなら、制作会社に依頼するのがおすすめです。

Vtuberマーケティングをする上での注意

炎上リスクへの備え

先程もお伝えした通り、Vtuberへの注目が年々高まっている背景もあり、ふとしたSNSなどの些細な発言から炎上してしまうことがあります。またプライベートアカウントの投稿を誤爆することが原因で批判が殺到するケースも見受けられます。
活動する際は、外から批判されやすいテーマなど言動にリスクがあることを理解しておくことが必要です。SNSで不適切な発言を起こさないよう、ソーシャルメディアポリシーなどのルールを決めておくことも重要です。また動画を投稿する前に、不適切な発言はないかどうか、必ずチェックしましょう。企業に属する個人とSNSのかかわり方を定義することで炎上を抑止することにつながります。

二次創作におけるガイドラインの用意

人気Vtuberが所属する大手事務所では、二次創作についてのガイドラインを制定しています。二次創作とは、ファンがキャラクターを漫画化したりフィギュア化したり、二次的に創作したものを指します。Vtuberが所属する事務所では、二次創作について、個人または法人格を持たない団体であれば、誰でも二次創作を楽しんで良いというガイドラインを制定しました。
二次創作において、創作した側に利益がもたらされた場合、Vtuberを作成した企業は利益面で損をすることがあります。こうして、Vtuberを制作する際は、二次創作のガイドラインを制定し、YouTubeの概要欄やSNSに貼付しておきましょう。

ジーアングルならVtuberの作成からコンテンツ制作も対応可能!

ジーアングルでは、Vtuberの制作を行っています。キャラクターデザインから三面図、2Dモデリング・3Dモデリングはもちろん、配信にかかわるコンテンツ作成まですべてサポートします。
既存のキャラクターもVtuberにすることが可能です。多くのクリエイターが在籍しているジーアングルではさまざまなジャンルやテイストに合わせた制作を行います。企業のマーケティングとして、自社Vtuberを制作したいとお考えであれば、ぜひご相談ください。

Vtuber

まとめ

今回は、自社Vtuberをマーティングに活用するメリットや、Vtuberの制作費用、制作依頼のメリットについてご紹介しました。
昨今Vtuberは注目を集めていることから、自社Vtuberを制作し動画配信を行っていくことで、商品ブランドの認知が広がると考えられています。動画だけではなく、他のSNSへの展開も可能なため、SNSを使ったマーケティングにも活用することが可能です。より多くの人に、自社商品・サービスを広めたいとお考えであれば、自社Vtuberをマーティングに活用してみてはいかがでしょうか。