ループミュージックの制作を依頼してPR用インスト曲・BGMを作ろう

ループミュージックの制作を依頼する

PRイベントやプレゼンテーションの際、BGMがあると会場全体の雰囲気を伝えたい内容に合わせて演出することができます。しかし、自社のイメージに合う曲を探すのは時間が掛かる上、著作権も気にしなければなりません。このような悩みは、PR用インスト曲・BGM制作をすることで解決することができます。

今回は、ループミュージック・BGMの制作を依頼するメリットなどについてご紹介します。

ループミュージックやインスト曲とは?

ループミュージックとは、数小節のフレーズを繰り返しながら演奏される音楽のことです。多くの場合、テクノやクラブミュージックに分類されます。歌謡曲などとは違い、Aメロ→Bメロ→サビとった展開や、ボーカルが入っていることもほとんどありません。なお、このような「歌のない音楽」のことを広義でインスト曲と呼びます。

また、ループミュージックは曲の長さを自由にできることや制作に掛かるコスト、時間の削減を望める点がBGMとしてよく活用される理由です。

PR用インスト曲・BGMの制作を依頼するメリットとは?

BGMの制作を依頼するメリットここでは、オリジナルのBGMを制作するメリットについてご紹介します。

著作権を気にせずに使用できる

一般的に、不特定多数の方がいる場所で音楽を流そうとした際、商業目的であれば著作権のことを気に掛ける必要があります。万が一、著作権に絡んでしまうと場合によっては曲の使用料を収めなくてはなりません。しかし、オリジナルで制作された楽曲は、多くの場合が著作権の買取を行うことで、あらゆるシーンで自由に活用することができます。

オーダーメイドのBGMが手に入る

世の中には数限りない音楽が存在しますが、その中からシチュエーションに最適な楽曲を見つけ出すことは、時間と手間が掛かるでしょう。一方、依頼して完成した楽曲であれば、依頼者のイメージやカラーに合わせたオーダーメイドです。テンポの速さから曲の長さまで自由自在のため、企業プレゼンテーションに合わせたBGM制作ができます。オリジナルBGMなため、企業らしさのアピールにもつながるでしょう。

BGM制作を依頼する際の確認事項

BGM制作を依頼する際に伝えたいポイント音楽は形のないものです。洋服のデザインのように、具体的な形を決めて発注することは難しいでしょう。そのため、制作時には作曲者との打ち合わせが大切です。そこで打ち合わせのときに制作側へ伝えておくべきポイントをいくつかご紹介します。

イメージを伝える

制作側に曲のイメージを伝えるなら「80年代のディスコ調で」「クラシカルで壮大な感じ」など、できるだけ具体的に伝えましょう。もし難しいようであれば、アバウトな表現でも構いません。「昼間の草原でリラックスしながら聴けるような曲」というシチュエーションをリクエストした場合でも、プロのミュージシャンはおおよそ把握してくれることが多いため安心して任せられるでしょう。

どのようなシーンに利用するのか

その楽曲がどこで流すのか、どのようなタイミングで利用するのか、聴かせる相手は誰なのかなど、具体的な利用シーンについて必ず伝えましょう。そのようにすることで、要望に沿った適切な曲を制作してもらいやすくなります。

サンプル音源を確認する

BGM制作会社には、ループミュージック用のサンプル音源が用意されている場合があります。制作の依頼をする前にサンプル音源を視聴することで、完成後のイメージが浮かびやすくなるでしょう。

おわりに

今回は、ループミュージック・BGMの制作を依頼するメリットや、確認事項についてご紹介しました。

いつでも気軽に利用できる自社オリジナルのBGMを持っておくことで、PRイベントやプレゼンテーションなど、さまざまな場面で役に立ちます。オリジナルのBGMを用いることで、企業の色を存分にアピールできるため、今までとはひと味違うプレゼンテーションができるのです。既存の楽曲にはない、自社の魅力を伝えられるような楽曲を、ぜひ依頼してみてはいかがでしょうか。

音楽制作サービスの詳細情報はこちら