ジーアングルサウンドチームのご紹介 Vol,1

GST1

 

 

はじめまして、ジーアングルサウンドチームのブランカです。

bla1

ちなみにこの画像は洗濯洗剤のCMイメージと見せかけて、僕の宣材写真です。お気に入りです。


早速ですが、読者の皆さんは『ジーアングル』と聞いてどんなイメージをお持ちですか?
「は?知らねぇわ、そんな会社」「別に」「三宅くんって昔からホント変わらずカワイイね」

などなど色々あるかと思いますが、このシリーズではそんなジーアングルのサウンドチーム(以下GST)のご紹介をしたいと思います。

GST1

GSTのメンバーは現在5名、男女比は4:1で男性が多いです。

平均年齢は31.2歳で、既婚率は60%となっています。

記念すべき第一回となるこの記事では、GSTの紅一点として君臨するクレイジーガール「SACHIKO」にスポットを当ててみたいと思います。

sachi1

SACHIKOは満26歳で2016年度入社のGSTでは最もフレッシュな存在。
(本人希望で顔出しNGとなってしまいました……読者の皆さん、力及ばず申し訳ありません!)
現在彼氏はいませんが、募集も特にしていないとのことです。

某4年制専門学校のミュージック学科を卒業し、鳴り物入りで入社。
プロの現場の厳しさを学びつつ、日夜業務に勤しんでおります。

そんなSACHIKOですが、実はスゴイんです。
ここでは「SACHIKOの10のスゴイところ」と題して、皆さんに少しでも伝わればと思っております。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その1
あのゲームの主題曲を書いています

sachi3

ミクシィさんから今夏リリースされたばかりの話題のスマホゲーム「ファイトリーグ」の主題曲と一部バトルBGMを手がけているんです。
主題曲では、三味線パートで吉田兄弟さんとコラボも果たしており、ナーイスな楽曲となっています。
詳しくはこちら↓!

・「Fight League」Official Teaser Movie『オマエと一緒に頂点へ』

 

・【ファイトリーグ公式】『十八番街』ブランド紹介PV

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その2
あのCMの音を作っています

sachi4

テレビで一度はこのCM↓をご覧になったこと、ありませんか?
・【学生制作】HAL 2015 WEB MOVIE TOKYO ver.(PROJECT HAL)


こちらのCMのMAと効果音素材の制作を担当しているんです。
「量産機になるな」。素敵なコピーですよね。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その3
声がデカい

sachi5

大事ですね、ハキハキと喋ること。
彼女はとにかく声がデカいです。ひそひそ話が出来ないのです。
でも良いんです、聞こえないより聞こえ過ぎの方が。
ただSACHIKOにお電話をされる際は、受話器のボリュームにご注意下さい。キーーーンってなりますから。キーーーーーンって。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その4
優しい

sachi6

大事ですね、人に優しくすること。
会社の福利厚生で、月に10回分の昼食が支給されるのですが、恵まれない既婚組の僕たち(お小遣い的な意味で)に分け与えてくれます。女神か。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その5
たまにターンしてくれる

sachi7

 

 

sachi8たまにターンしてくれるんです。機嫌が良いと。
学生時代にバトン部に所属していたらしく、なかなかに美しいターンです。
機嫌が悪いときは氷点下25℃くらいの体感温度で睨みつけてくれるので、夏にはありがたい存在です。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その6
美意識が高い

sachi14

コンポーザーというのは人より美意識が高い人が多いです。
彼女もその一人です。現在全身脱毛に通っています。
ベンチマークはフ●ーザ様だそうです。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その7
黒髪ロング

sachi9

ポリシーだそうです。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その8
毎日メガネをシャンプーで洗う

sachi10

トレードマークの赤いフレームのメガネを毎日洗うそうです。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その9
手がきれい

sachi11

手だけじゃないんですが、特に手がきれいです。
ちなみに僕はベーシストなので、爪の手入れには余念がありません。

 

SACHIKOの10のスゴイところ・その10
絶対音感を持っている

sachi13

ある音(純音および楽音)を単独に聴いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。※Wikipediaより
なので一度曲を聴いたらピアノなんかでパララン♪と弾くことが出来るのです。
絶対音感を画像で表現するのが難しくて、苦し紛れに僕が愛用しているチューナーを頭に無理やり付けさせてみたら、なんだか可愛らしい髪飾りのようになってしまいました。
「チューナー要らず」といった感じを訴求したかったのですが、不本意な結果です。

 

いかがでしたか?

途中音楽と全く関係のないスゴさや、無理やりひねり出した感の否めない箇所もありましたが、いかがでしたでしょうか。
量産型にならない女、SACHIKOを少しでもお見知り置きいただけましたら幸いです。
今後、他のGSTのメンバーも順次ご紹介してきますので、その際はぜひ見てやって下さい。

それでは最後にSACHIKOからのメッセージをどうぞ!

SACHIKOからのメッセージ

sachi2

「みなさんこんにちは、SACHIKOです。BGMやSEの制作者として、またディレクターとしてお仕事させていただいております。コンテンツそのものだけでなく、音でも驚きや感動を生み出せるようなサウンド制作を心がけております。単純にサウンドを作るだけでなく、VR用の3Dサウンドデザインや、医療機器搭載用システムサウンド制作など様々なご要望に対応できますので、是非GSTにどしどしご相談下さい。」

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!


追記:第二弾のメンバー紹介が更新されました!


 

音楽制作サービスの詳細情報はこちら