ナレーション収録後の編集「ノイズカット」「ファイルカット」「ファイルリネーム」とは?

ナレーション収録後の編集「ノイズカット」「ファイルカット」「ファイルリネーム」とは?

企業の認知度を高め、サービス、商品を紹介するための動画には多くの場合、ナレーションが使われています。ナレーションなどの音声データは収録した状態をそのまま使用するのではなく、収録後にノイズカットやファイルカットなどの編集作業を行うことで、より聞きやすく美しい音声ファイルになります。

そこで今回は、ナレーション収録後に行う編集作業、「ノイズカット」「ファイルカット」「ファイルリネーム」についてご紹介します。

ナレーションのノイズカットとは?

ナレーションのノイズカットとは?音声を録音すると、どうしてもさまざまな環境音や不要な音も一緒に録音されます。音声編集におけるノイズカットは、必要な部分以外の音を取り除く作業のことを指します。

ノイズの入ったナレーションや動画は、企業紹介やサービス紹介、販促などにおいて視聴者に聞きにくさを与え、効果を半減させてしまいます。そのため、ナレーション音声の録音においてノイズカットは、基本とも言える編集作業です。

動画は映像と音声から構成されており、その2つから得られる情報量やインパクトが重要です。そのため、ノイズカットは動画作成において必要不可欠な作業と言えます。

■ノイズカットの流れ

ノイズカットを行うには、音声編集の技術や機材が必要です。ナレーションの音声を録音し、分析したデータを元にノイズカットを行っていきます。

具体的には、リップノイズや鼻鳴り、喉鳴りなどの不必要な音声をカットすることで音声の純度を高め、視聴者にとって聞き取りやすい音声を作る作業です。

ノイズカットを行ったあとは、さまざまなエフェクトをかけて臨場感を高め、シーンにより適した素材にしていきます。例えば、エコーやヘリウムボイス、ラジオ風ボイスなどの反響音を利用することで、より効果的にインパクトを与えられるようになるでしょう。

ナレーションのファイルカットとは?

ナレーションのファイルカットとは?ナレーションのファイルカットとは、音声ファイルを切り出す編集作業のことを指します。ファイルカットと同時に音声と台本のセリフを照らし合わせて、正誤のチェックも行われることが一般的です。

ファイルカットによって、ナレーションの音声データや動画などを1つのセリフごとに1ファイルとして切り出し、欲しい部分にだけ編集でエフェクトをかけたり、NG部分を削除してOKテイクのみを切り出したりすることも可能です。

このような編集はフリーソフトを利用して行うこともできますが、高品質の動画が求められる企業の動画広告やeラーニング、説明会資料などの場合には、機能の充実した専用ソフトを購入することが必要です。また、作業には時間も掛かるため、手軽に高品質の動画を作りたい場合にはプロに任せる方が良いでしょう。

ナレーションのファイルリネームとは?

ナレーションのファイルリネームとは、ファイルに名前を付けて保存する作業です。

また、リネームはファイル名の編集作業であるため、ファイルを再生環境に適した拡張子やサイズに変更する作業も含まれます。ノイズカット、ファイルカットが終わった素材をファイルリネームすることでファイルの管理がしやすくなります。

おわりに

動画を支えるナレーションなどの音声素材をより良いものにするためには、専門的な編集作業は必要不可欠です。

ノイズカットやファイルカット、リネームなどの編集を行うことで、より質の高い動画を制作することができ、プロモーションの効果も高めることができるでしょう。

このような音声の編集作業には相応の機材やソフト、技術や環境が必要なため、プロの制作会社に依頼することをおすすめします。

ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい

所属ナレーターは100名以上
言語は17ヶ国語に対応しております!

ゲーム音声、CM、企業VP、教材などあらゆる声のニーズに対し、
毎月100件以上の音声制作実績でお答えいたします。
御社コンテンツにマッチした経験豊富なナレーター、声優の提案をいたします。
「すべてはクオリティのために」・・・
品質だけではなく、価格、スピード、提案力でご満足頂ける音声を提供いたします。

ナレーション、ゲーム音声制作サービスの詳細はこちら
ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい