美術館、展示会、乗り物など、音声ガイド制作でよくあるガイダンスの活用例

美術館、展示会、乗り物など、音声ガイド制作でよくあるガイダンスの活用例

音声ガイドの制作会社が制作した音声ガイダンスは、さまざまな現場で活用されています。美術館で音声ガイドサービスを提供することは当たり前になっていますし、展示会でもイベント演出に音声ガイドは欠かせません。日常生活においても、交通機関をはじめ公共サービスの場でも音声ガイドが使われ、多くの人に利用されています。

そこで今回は、美術館、展示会、乗り物など、音声ガイド制作でよくあるガイダンスの活用例についてご紹介します。

美術館、展示会などのイベント

美術館、展示会などのイベントイベントでの音声ガイドは、プロのナレーション音声の代表的な活用例です。美術館、展示会では来場者に専用端末を貸し出し、展示物に関する情報を音声ガイドで提供する施設が増えました。絵画や写真など展示物を見ながら詳しい解説を聞くことができるため、じっくり作品を鑑賞することができます。

通常、展示物の側には関連情報を記載したプレートが設置されています。しかし、文字を読まなければならないため、いったん展示物から目を離さなければならないのが文字情報のデメリットです。スペースの関係から、記載する情報量が制限されてしまう問題もありました。その点、音声ガイドは、情報が音声で入ってきますので、視界を阻害せず多くの情報を入場者へ提供できます。主要な言語に対応した音声ガイドを用意すれば、展示物のプレートに記載された日本語を読めない外国人に対しても案内することができるでしょう。

防災アナウンスや乗り物搭乗時のガイド

施設や自治体の緊急時に流れる防災アナウンスには、避難経路や安全のための手引が伝わりやすく、明瞭な音で収録されている必要があります。同時に、不安を感じている人々の心を、落ち着かせるトーンで話されていなくてはなりません。緊急時の情報が適切に伝わらなければ、多くの人の命が危険にさらされてしまう可能性もあります。「伝わりやすさ」と「落ち着き」という防災アナウンスに求められる2つの要素を満たすためには、適切なシステムによる録音環境と、プロにナレーターによる音声が不可欠でしょう。

乗り物の搭乗時も、音声ガイドによる正確な情報提供が求められるシーンです。利用者のモラルある利用を促すだけではなく、到着時間等の事務的な案内も求められます。その際も、人混みの中でもはっきりと聞こえるためには、やはりプロの発声が最適です。

カスタマーサービスの音声

カスタマーサービスの音声現在は、カスタマーサービスのさまざまなチャネルが確立されています。特に電話は重要なチャネルです。顧客が企業のコールセンターに電話した際、最初に聞くことになる音声ガイダンスの声は、顧客の企業に対するイメージに大きく影響します。

コールセンターの混雑状況によっては、繰り返し同じ音声を聞かなければならない状況も珍しくありません。そのため、可能な限り聞いていてストレスのない文言と音声にこだわる必要があります。明るい声色で話す、プロのナレーターによる安定した口調は、コールセンターの自動音声に最適です。自動音声の印象によっては、顧客の気持ちが落ち着き、クレーム数の減少も期待できるでしょう。

おわりに

今回は、美術館、展示会、乗り物など、音声ガイド制作でよくあるガイダンスの活用例についてご紹介しました。プロによるナレーションの音声ガイドは、さまざまなシーンで活用されています。

音声ガイドの制作会社では、音声ガイドの目的と用途に合わせて数多くのプロナレーターが所属しています。また、言語に関しても、英語・中国語・韓国語といった主要言語だけでなく、他言語に可能対応な制作会社もあります。プロのナレーターに音声ガイドを依頼することで、自社のサービスをより適切に伝えることができるようになるでしょう。

ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい

所属ナレーターは100名以上
言語は17ヶ国語に対応しております!

ゲーム音声、CM、企業VP、教材などあらゆる声のニーズに対し、
毎月100件以上の音声制作実績でお答えいたします。
御社コンテンツにマッチした経験豊富なナレーター、声優の提案をいたします。
「すべてはクオリティのために」・・・
品質だけではなく、価格、スピード、提案力でご満足頂ける音声を提供いたします。

ナレーション、ゲーム音声制作サービスの詳細はこちら
ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい