声優、アナウンサー、ナレーターの違いは?用途に合わせて依頼しよう

声優、アナウンサー、ナレーターの違い

声優、アナウンサー、ナレーターは声を使って表現する職業です。最近では、声だけではなくメディアでの露出も増え、幅広く活躍している方も目にします。しかし、視聴者はそれぞれの違いを具体的に把握していない、というケースもあるでしょう。そこで今回は、声優、アナウンサー、ナレーターの違いについて、分かりやすくご紹介します。

声優、アナウンサー、ナレーターそれぞれの違いって?

それぞれの違い声優、アナウンサー、ナレーターの違いはどこにあるのでしょうか。実は、それぞれ求められる役割が異なるのです。

ここでは、それぞれの違いについてご紹介します。

声優

まず、声優は声で演じる職業であり、ボイスアクターと呼ばれることもあります。役に対して感情移入することが非常に大切で、その役になりきらなければなりません。高いレベルの表現力と演技力が求められる職業です。

アナウンサー

アナウンサーは、情報を分かりやすく伝えることを基本にしており、正しい日本語を用いながら冷静に話すことが求められます。また、情報を日本中の多くの方に伝える立場にあるため、社会的影響力は大きく責任も重大です。文法や言葉のアクセントはもちろん、不適切な言葉を使用しない配慮や、社会の常識が身についています。

ナレーター

アナウンサーと声優を合わせたものが、ナレーターです。アナウンサーのように正確な情報を告知する技術に加え、声優のような表現力、演技力で人を引き付けるような魅力的な声が求められます。しかし、ナレーターはキャラクターを演じるわけではありません。声を使って躍動感を演出しつつ、視聴者の心に深く届けるために、状況に応じた声の出し方、表現力を持っています。場面に応じて表現方法を変化させる豊かさと、幅広い知識や文書を理解する読解力もあるでしょう。

それぞれが活躍するシーンとは?

声優

それぞれが活躍するシーン声優はアニメ作品のキャラクターや、洋画・海外ドラマの登場人物の吹き替えが主な仕事です。しかし、声優の仕事は幅広くテレビドラマや番組のナレーション、歌手やイベントの司会、DJ、さらには俳優として活動をしている方もいます。最近では、テレビゲームやパソコン、携帯ゲームに声優が出演する機会もあるようです。

アナウンサー

アナウンサーは、報道番組でニュースを伝える、スポーツ実況中継、インタビュー、番組の司会、取材現場からのレポートなどが主な活躍シーンになります。仕事は原稿を読むだけではなく、番組の進行状況によって時間調節を行ったり、番組の企画で取材を行ったりすることもあるでしょう。また、放送業務の他に各種の式典やイベント、冠婚葬祭での進行役を務めることもあります。このように、さまざまなシチュエーションで情報を伝える役割がアナウンサーです。

ナレーター

ナレーターは、映像に合わせてナレーションを入れることが主な仕事になります。バラエティ番組やドキュメンタリー、ニュース番組内のナレーション、VPなど企業向けのナレーションや朗読で活躍されることが多いでしょう。その他にも、駅や銀行で流れる自動音声の元となるナレーションなど、活躍する場は多岐にわたります。ナレーターの仕事は、声のトーンや間の取り方を考えた演出をするため、説得力や人を引き付ける語り手といえるでしょう。

おわりに

今回は、声優、アナウンサー、ナレーターの違いについてご紹介しました。

声を使う、同じような職業でも声優、アナウンサー、ナレーターではそれぞれ得意とする表現方法や役割が異なります。仕事を依頼する際に、こちらがなにを求めているのかによって、依頼先も変わってくるのではないでしょうか。それぞれの違いや用途をしっかりと把握した上で、依頼を行ってください。

ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい

所属ナレーターは100名以上
言語は17ヶ国語に対応しております!

ゲーム音声、CM、企業VP、教材などあらゆる声のニーズに対し、
毎月100件以上の音声制作実績でお答えいたします。
御社コンテンツにマッチした経験豊富なナレーター、声優の提案をいたします。
「すべてはクオリティのために」・・・
品質だけではなく、価格、スピード、提案力でご満足頂ける音声を提供いたします。

ナレーション、ゲーム音声制作サービスの詳細はこちら
ナレーション、ゲーム音声制作ならジーアングルへお任せ下さい