ゲームアプリは初めが肝心!プロモーション動画でリリース前に紹介しよう

ゲームアプリは初めが肝心

ゲームアプリと、動画広告には高い親和性があります。公開前にプロモーション動画を活用すれば、大きなダウンロード数を稼ぐことにつながるでしょう。そこで今回は、リリース前のゲームアプリにおける、動画広告活用のポイントについてご紹介します。

ゲームアプリの成功はプロモーションが鍵を握る

プロモーションが鍵を握る自社で制作したアプリをヒットさせたい、と思ったときに大切なものがプロモーションです。特にグラフィックやアニメーション、操作感が魅力的となるゲームアプリでは、動画を利用してプロモーションを行うと効果的とされています。

制作すべき動画にはいくつかの種類があります。ダウンロードの促進用動画や使い方・機能説明ムービー、LP・アプリダウンロードへの動線を目的にした広告映像などです。いずれも別々の目的を持っています。その中でも、リリース前に特に注力したいものが「ティザー動画」ではないでしょうか。HP・LPでの利用はもちろん、SNS動画広告にも利用が可能です。魅力的なプロモーション動画を制作し、適切な媒体へ出稿できれば、ダウンロード数増加に大きく貢献します。

リリース前に利用したいティザー動画

ティザー動画映画館で映画が始まる前に流れる予告編動画や、テレビ番組の放送直前に放映される番宣のことをティザー動画(広告)といいます。「ティザー(teaser)」とは日本語で「焦らす人」の意味。つまり、コンテンツの一部分のみを公開することで消費者の「知りたい!」「体験したい!」という欲求を刺激することが大きな目的です。

ゲームアプリに置き換えたとしても、この手法は大きな効果が見込めるでしょう。バイラルを起こすHP・LPへ誘導すれば、アプリの注目度をリリース前に大きく急上昇できます。

バイラルを狙い初動を加速

動画広告では、アプリに使われている音楽やアニメーションを用い、いかにそのゲームアプリが面白そうか、魅力的なのかを訴求します。この際、動画ならではのエフェクトなどを交えると、より高い効果が得られるでしょう。一般的に、動画の尺は15~30秒が適切といわれていますが、掲載場所に合わせて何種類か用意することもおすすめです。

広告媒体として親和性が高いものは、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSです。この動画広告枠を上手に活用すると、SNS上でバイラルが起こり、リリース前の時点で注目度を高められます。その結果、アプリ公開時にダウンロード数を一気に確保できる可能性があるのです。

ティザーサイトへの誘導

ゲームアプリのリリース前に、ティザーサイトを用意する手法も定番になります。ティザーサイトは、ゲームアプリがリリースされるタイミングが知りたい、という方のメールアドレスを収集することが大きな目的です。ティザー動画は、このようなサイトへの誘導にも利用が可能。ユーザー情報の獲得は、今後のマーケティングにも活用できるため、一石二鳥ではないでしょうか。

ゲームアプリ公開後に制作しておきたい動画

ゲームアプリを公開した後は、ゲームの魅力がより伝わる動画を制作することも1つの手段です。例えば、チュートリアル・マニュアル動画を制作し配信すれば、それを見た視聴者にプレイを疑似体験してもらえます。これをティザー動画と合わせて制作をしておくことにより、リリース後のユーザー獲得に役立つでしょう。その他、ゲームアプリの世界観を表現したコンセプトムービーもおすすめです。

おわりに

動画広告の効果はアプリのダウンロードに直結するため、ダウンロード数の測定がしやすい部分も大きなメリットではないでしょうか。また、制作したティザー動画がどのくらいの方に見られ、ダウンロードに貢献できたのかなどを把握すれば、その後の動画広告の指針にもなり得ます。初動はもちろん今後の運営も含め、ぜひご活用ください。

動画制作サービスの詳細情報はこちら

もちろん、リリース後もDL数を伸ばすためにアプリの魅力を伝え続けることは大切です。活用例と効果についてはこちらで紹介しています。
■ アプリ紹介動画を作成してDL数アップ!動画制作後の活用例と効果

映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい

実写・セルアニメーション問わず
弊社ディレクターが企画のご提案からさせて頂きます。

サービスや商材のプロモーション、説明動画、事例紹介やリクルート映像などお客様のご要望と課題を解決する映像コンテンツをご用意させて頂きます。

映像・動画制作サービス詳細 セルアニメサービス詳細
映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい