採用につながるリクルート用動画を制作するには?説明会の映像を活用しよう

リクルート用動画を制作する

より良い採用を実現するために、企業の魅力がつまったリクルート用動画を制作してはいかがでしょうか。いくつかのポイントを押さえてリクルート用動画を仕上げれば、多くの人材のアテンションを引きつけられます。

今回は、リクルート用動画制作のポイントと会社説明会の映像を活用する方法についてご紹介します。

採用につながるリクルート用動画とは?

採用につながるリクルート用動画リクルート用動画の制作には、より良い人材を採用するという目的があります。

以下では、採用につなげることを意識した上で、リクルート用動画の制作において押さえたいポイントをご紹介します。

求職者の「ここで働きたい!」という気持ちを触発する

単に仕事内容を伝えるだけの内容では、求職者に企業の魅力をアピールできません。求職者が「働いている自分」をイメージできる内容を提示し、「ここで働きたい!」という気持ちを触発するよう意識しましょう。

社員へのインタビュー映像などを収録し、求職者自身を投影させる方法が一般的です。

他社と差別化する

求職者は多くの選択肢を前に自分の進むべき道を決めかねています。

多くの競合他社からチョイスしてもらうためには、競合他社と比べて際立っている部分を、動画の中で積極的に見せるべきでしょう。

情報を正確に伝える

より良い人材からの応募を増やすためには、透明性も重要です。

動画の中では、良い数字も悪い数字も正確な情報を盛り込みましょう。偽りのない姿を見せることで、求職者に好印象を与えられます。

固定概念にとらわれない

リクルート動画のアプローチは企業によってさまざまです。シンプルに社内の様子や、社員のインタビューを収録することが一般的ですが、企業によっては「ユーモア」や「スタイリッシュさ」を前面に押し出しているケースもあります。

求職者にインパクトを残すことも重要なポイントなため、「リクルート動画はこうあるべき」という固定概念にはとらわれないほうが良いでしょう。

「欲しい人材」のイメージを明確に伝える

リクルート動画で企業に「欲しい人材」のイメージを明確に伝えておけば、理想とする人材にリーチできる確率が高まります。

求職者としても、求められているマインドやスキルセットが明らかになっていたほうが飛び込みやすいはずです。

説明会の映像を活用するには?

説明会の映像を活用するリクルート用動画の素材として、会社説明会の映像を活用することも1つの方法です。

会社説明会のプログラムには、求職者に知っておいてほしい情報がまとめられているはず。説明会の内容を編集して、動画にすれば良いリクルート動画に仕上がるでしょう。

説明会の映像を活用するポイントとしては、以下のような点が挙げられます。

説明会に来ていないターゲットも意識した内容に仕上げる

せっかくリクルート用の動画として説明会の映像をまとめるのであれば、説明会よりもさらにターゲットを広げるために、通常の説明会よりも間口の広い内容に仕上げるのがベターです。

実際の映像だけだとターゲットを限定してしまうようであれば、編集で補足情報を加えると良いでしょう。

インターネットで配信する

多くの求職者はインターネットで企業の情報を集めています。映像素材ができたのであれば、Webで公開しない手はありません。ある動画配信サイトでは、すでに多くの企業がリクルート関連の動画をアップロードしています。

おわりに

企業の魅力が盛り込まれたリクルート動画は、より良い採用につながるでしょう。しかし、求職者の心に「刺さる」動画には、高いクオリティーが求められます。

納得のいくリクルート動画が制作できない場合は、ノウハウが蓄積された映像制作会社に制作を依頼すると良いでしょう。採用につながる映像のアイデアさえあれば、その実現に力を貸してくれます。

■ 新卒に向けた動画については下記の記事もチェックしてみてくださいね♪
制作依頼の前にチェック!新卒採用に映像・動画を利用するメリット

映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい

実写・セルアニメーション問わず
弊社ディレクターが企画のご提案からさせて頂きます。

サービスや商材のプロモーション、説明動画、事例紹介やリクルート映像などお客様のご要望と課題を解決する映像コンテンツをご用意させて頂きます。

映像・動画制作サービス詳細 セルアニメサービス詳細
映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい