パーソナライズド動画とは?導入するメリットと活用例を紹介

パーソナライズド動画とは?導入するメリットと活用例を紹介

訴求効果の高さから注目を浴び、導入が増えているパーソナライズド動画をご存じでしょうか。多くの人がパソコンやスマートフォンを当たり前のように使っている現在、パーソナライズド動画は訴求効果の高いマーケティングツールです。最近では、パーソナルマーケティングの有益なツールとしてパーソナライズド動画を導入する企業が増えています。顧客1人1人に合わせた広告配信が可能な分、高いコンバージョン率が見込めるからです。

そこで今回は、パーソナライズド動画の概要と導入するメリット、活用例についてご紹介します。

パーソナライズド動画とは?

パーソナライズド動画とは、顧客1人1人に合わせた広告動画のことです。顧客全員に同じ広告を見せるのではなく、顧客の属性(家族構成・年齢・居住地)や情報(購買履歴・検索履歴)に沿って、最適化された広告を表示することができます。

例えば、通販サイトを閲覧しているときに表示される関連商品の案内(レコメンド情報)も、パーソナライズドされた情報の1つ。顧客が興味を持つ商品を予測して表示するため、購買意欲をかき立てる効率的な方法といえます。

パーソナライズド動画は、顧客個人に特化した情報を表示するだけではありません。顧客の名前を動画の中で呼び掛けたり、居住地域の情報をピックアップしたり、使われる手法はさまざまです。このように、自分だけのメッセージとして届けられるパーソナライズド動画は特別感があり、顧客の興味を強く喚起します。また、商品やサービス内容の説明ツールとしても活用されており、顧客が欲しい情報を自分で探す手間も省くことができます。

パーソナライズド動画を導入するメリット

パーソナライズド動画を導入するメリット

パーソナライズド動画の導入メリットは、「その顧客が最も興味を持つ情報を提供できる」ことでしょう。

多くの顧客へアプローチする媒体として、ダイレクトメールがあります。インターネットが普及した現在でもダイレクトメールで新商品の案内を行う企業は多いです。しかし、一般的にダイレクトメールの開封率やレスポンス率は必ずしも高いとはいえず、即購入や来店に結びつきにくのが現状です。

広告や宣伝の目的は、「商品やサービスの認知」こと。開封率が高いとはいえないダイレクトメールでは、高い効果を期待するのは難しいかもしれません。

一方、パーソナライズド動画では、顧客の属性や嗜好(しこう)に合わせた「興味を持つと思われる情報」を見せることができるため、即購入に結びつかなくても、商品やサービスを認知してもらえる可能性が高まります。BtoBでは、クライアントに最適化されたパーソナライズド動画で商品やサービスのプレゼンテーションを行い、商談を円滑に進めることも可能となるでしょう。

パーソナライズド動画の活用例

パーソナライズド動画の活用例パーソナライズド動画の活用例として、不動産会社の物件案内、旅行代理店の旅行プラン提案、保険会社の契約プラン提案などをご紹介します。

不動産会社の物件案内の活用例では、家族構成・年齢・年収・勤務地情報などから、顧客にマッチした物件情報をパーソナライズ動画で紹介。旅行代理店のプラン提案の活用例では、行きたい場所・宿泊日数・予算などをヒアリングし、顧客に最適な旅行プランをパーソナライズド動画で提案。保険会社の契約プラン提案では、家族構成・年齢・年収・希望する保障内容などから、顧客に適切な契約プランをパーソナライズド動画で提案しています。

顧客の属性や、好みに最適化された情報提供自体は珍しいものではありませんが、パーソナライズド動画による効率的なアプローチ方法は、今後多くの業界で活用できます。

おわりに

今回は、パーソナライズド動画の概要と導入するメリット、活用例についてご紹介しました。

パーソナライズド動画は、アイデア次第でさまざまなシーンに応用できる可能性を秘めています。パーソナライズド動画を導入できれば、これまで営業や説明に要していた時間・労力を省き、より効率的な営業活動が可能になるでしょう。
仕事での成果アップを望んでいる方は、パーソナライズド動画の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい

実写・セルアニメーション問わず
弊社ディレクターが企画のご提案からさせて頂きます。

サービスや商材のプロモーション、説明動画、事例紹介やリクルート映像などお客様のご要望と課題を解決する映像コンテンツをご用意させて頂きます。

映像・動画制作サービス詳細 セルアニメサービス詳細
映像・動画制作ならジーアングルへお任せ下さい