効果の高い広告クリエイティブの作り方と考え方のポイントを解説

効果の高い広告クリエイティブの作り方と考え方のポイントを解説

広告に関する話の中で、必ず登場する言葉として「広告クリエイティブ」があります。「広告クリエイティブとは、おそらく広告を作る要素のようなものを意味するのでは」と、話題の文脈上でなんとなく把握している方は多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、広告クリエイティブという言葉の概要や、広告クリエイティブを作る際のポイントをより具体的にご紹介します。

広告クリエイティブとは

まず、広告クリエイティブという言葉は具体的に何を指すのでしょうか。
広告クリエイティブとは、広告運用のために用いられる制作物のことです。ことインターネット広告においては、広告ページやバナー表示中に用いられているすべての素材を指しています。
広告クリエイティブに該当する制作物としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 広告表示中の文言(テキスト)
  • ページやバナー中に表示される画像・写真
  • 動画広告中の動画データ など

広告クリエイティブの重要性

広告クリエイティブは、広告そのものの効果に直接影響します。そのため、広告を出稿する際には各広告クリエイティブの品質がばらつくことなく、安定して高品質であることが求められます。
特に、広告においては、まず「目に留めてもらうこと」がもっとも必要とされると考えましょう。
目を引く広告とするには、細かく記載するテキストを充実させるより、画像や動画、キャッチコピーといった広告クリエイティブの内容やクオリティが重要です。見る人の目にパッと入った瞬間に広告へ興味を持ってもらい、その後に細かなテキスト情報に視線を移してもらうという流れを踏まえ、広告クリエイティブの重要性を意識することが大切です。

広告クリエイティブの考え方

効果の高い広告クリエイティブの作り方と考え方のポイントを解説

効果的な広告クリエイティブを生み出すには、フレームワークに沿ってアイデアを練ることがおすすめです。広告におけるフレームワークとは、クリエイターの創造性を補完するために考え方のポイントをパターン(型)化したものです。
広告クリエイティブ制作におけるフレームワークの具体例をご紹介します。

対象絞り込み型

性別・年代などの属性を明確にし、広告を届けるターゲットを明確化した型です。ターゲットの中には潜在層も少なくなく、ご自身が何を求めているか把握できていない場合もあります。この型を用いることで、そのような方にも商品やサービスを知ってもらい、ご自身への必要性を理解していただくヒントとなりえます。
例えば、「20代後半でお肌の曲がり角を感じ始めた女性」のように、具体的な属性を定めて情報を届けることで、対象となる層に「刺さる」広告を実現できます。

変化型

自社の商品やサービスを利用する前・利用した後を比較した情報を核として、見る人にニーズを意識してもらう型です。「○カ月後に自分はどうなっているか」を、画像やテキストでより説得力を持たせてイメージを与えます。
変化型の広告として、学習塾の「第一志望C判定からまさかの現役合格」といったコピーや、スキンケア用品の「3カ月続けてみてください」などの文言がこれにあたります。

リアルイメージ型

商品やサービスを購入・利用することで「何を得られるか」をリアルに表現する型です。 「時・場所・人物・モノや事象・理由・手段=5W1H」を盛り込み、商品やサービスで「何ができて何をどう良くできるか」を具体的に訴求します。
例えば、「年末も忙しいあなたの片付かないお悩みを掃除代行サービスで解消!」のように、商品やサービスで得られるものや活用シーン、おすすめの時期などを詳細に伝えます。

指摘型

想定ユーザーが解決したいと思っているであろう自身の課題に対し、広告クリエイティブによって最適な「気づき」と「反省」を与え、解決手段へと自ら近づいてもらうための型です。言いよう次第では反感を持たれてしまう可能性もありますが、あくまで前向きな気づきを促すことが指摘型を用いる際のポイントです。
例えば、健康的に痩せたい方に向け「厳しいダイエットで無理してない?」といったフィットネスクラブの広告コピーがこれに該当します。

広告クリエイティブを作る際のポイント

効果の高い広告クリエイティブの作り方と考え方のポイントを解説

広告クリエイティブを制作する際には、どのような要点を意識すると良いのでしょうか。ここでは、広告クリエイティブ制作時に気をつけたいポイントをご紹介します。

掲載媒体に適したクリエイティブを制作する

例えば、中高年富裕層向けメディアの広告に、インパクト重視の奇抜なビジュアルや「激安!」などのコピーを用いたものは不向きといえます。
違和感を招くことを防ぐため、広告の出稿先を必ず意識してクリエイティブを制作しましょう。どのようなメディア・媒体へ広告を出すかを必ず念頭に置き、その利用者層を広告ターゲットに必ず含めます。

ターゲットと親和性の高いテイストで制作する

ターゲットに対し、より親和性を意識してクリエイティブを考えてみましょう。例として、若年層に人気の高いソーシャルゲームの画面上に出す広告であれば、ターゲットにアプローチしやすいアニメ調のイラストを用いるなどがおすすめです。

弊社ジーアングルではアニメ風・ゲーム風ビジュアルの作成で多くの実績があります。制作をご検討中であればぜひご相談ください。

クリエイティブ全体に統一感を持たせる

のどかな田園風景の水彩風イラストに、「スピード出張!!」という強めの言葉のコピーが赤い太字表記で重ねられた広告があるとします。おそらくそれを目にした人の大半が、違和感を覚えてしまうでしょう。
広告は画像・動画・テキストなど複数のクリエイティブによって構成されます。それぞれのイメージにも一貫性を持たせ、全体の統一感を意識してクリエイティブを作成しましょう。

広告クリエイティブの作り方

広告クリエイティブを作るには、主に3つの方法があります。自社のニーズやめざす広告のクオリティに合わせ、適した方法で作成を検討しましょう。

自社内で制作する方法

まず1つ目の方法として、自社内で制作する方法があります。
自社内にデザイナーが在籍しており、人件費や制作機材などの業務リソースも十分な場合に限り適した方法です。

フリーランスのデザイナーに依頼する方法

次にフリーランスのデザイナーに依頼する方法があります。他の2つの方法よりコストを抑えられる可能性もありますが、複数必要なクリエイティブを一括して依頼することが難しい場合もあります。それぞれを個人のクリエイターに外注すると、必ずしも低コストとならない可能性もあるでしょう。
個人に依頼することならではのリスクもあるため、自社が広告に一定のノウハウを持っているか、スケジュールなどに余裕がある場合におすすめの方法といえます。

デザイン会社に依頼する方法

3つ目は、専門的な知識を持ち、一定水準以上の技術を備えたデザイン会社に外注する方法です。
スケジュールや品質に関して綿密に打ち合わせをしながら作業を依頼できるため、確実性の高さが見込めます。クオリティの高い広告を安心して依頼できる方法ともいえるため、3つの中でもっともおすすめの方法です。

まとめ

広告クリエイティブについて詳しくご紹介しました。
広告クリエイティブについて理解したからといって、すぐに「刺さる」広告が作れるかといえば、そこまで簡単ではないと思います。おすすめは、専門のデザイン会社に各クリエイティブの制作を一括で外注する方法です。
ジーアングルでは、ヒアリングを事前にしっかり行った上で分析・提案を行い、広告制作のバックアップをすることが可能です。また、アニメ風のイラスト広告から実写の動画広告まで幅広い内容のクリエイティブ制作ができ、イメージにばらつきのない一貫したデザインが可能です。広告制作でお悩みをお持ちの企業担当者様は、ぜひジーアングルまでお問い合わせください。

お問い合わせ
デザイン制作サービスの詳細はこちら
【はじめての映像制作依頼】何から始めればいいの?