ユーザーに強いインパクトを!3DCG映像の商品紹介動画を制作するメリット

ユーザーに強いインパクトを!3DCG映像の商品紹介動画を制作するメリット

昨今はさまざまな映像表現があふれかえっています。選択肢が多いだけに、「自社の商品を紹介する上で、どのような表現が適切なのか分からない」と、頭を抱えている方は少なくありません。そのような方は、商品紹介で3DCGの動画制作を検討してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、数ある映像表現の中から3DCGにフォーカスし、3DCGを用いた商品紹介動画を制作するメリットについてご紹介します。

【1】ユーザーに与える強いインパクト

ユーザーに与える強いインパクト3DCGで商品紹介動画を制作する最たるメリットは、なんといってもユーザーに与えるインパクトの強さでしょう。近年の最新技術を駆使した精細な3DCGであれば、現実のような臨場感と現実では不可能なダイナミックな表現を両立することができます。

特に、エンターテインメント系の商品紹介で魅力的な映像を使用すれば、ユーザーの記憶にその商品の存在がしっかりと植え付けられ、大きなプロモーション効果が期待できるでしょう。

【2】商品の特徴を詳しく伝えられる

構造やサイズ感、独自のモーションをアピールしたい商品は、図面・イラストといった二次元的な商品紹介ではなかなか特徴が伝わりません。その点、3DCG映像は商品の大きさやテクスチャ、挙動などの要素を、ユーザーにとって極めて理解しやすい形で伝えることができます。

アングルの変更や拡大、内部の透過などさまざまな表現も可能なため、3DCGは主に工業製品などの紹介動画で効果を発揮するでしょう。

【3】低コスト

低コスト実写映像の撮影には、撮影スタジオの料金や撮影機材、機材の運搬費用など多くのコストがかかります。しかし、3DCGは商品撮影もなく、1度制作すれば、別バリエーションの動画や新商品の紹介動画でも流用できます。そのため、将来的なトータルコストを大幅に抑えることが可能です。

また、コンテンツの内容次第では、小さなコストで非常に大きなプロモーション効果を期待できるのも、3DCGの魅力といえるでしょう。

【4】スピーディーな展開

紹介動画で取り扱う商品によっては、立案からのスピーディーな展開が求められるかもしれません。3DCGの動画制作であれば、撮影、モックアップの調達、イラスト制作などのプロセスを短期間で展開することができます。また、急な仕様の変更にも柔軟に対応可能です。急ピッチで進められているプロジェクトの商品紹介動画には、うってつけといえるでしょう。

【5】実物が存在していなくてもモデル製作が可能

3DCGのモデル製作にあたり、必ずしも商品の実物が存在している必要はありません。2Dの図面や、CADのデータからモデルを制作するケースは頻繁にあります。そのため、試作品の完成を待つ必要はなく、商品開発と商品紹介動画の制作を並行して進めることが可能になります。効率的な商品開発プロジェクトの進行において、今や3DCGは欠かすことのできない技術なのです。

【6】マルチメディア展開が容易

1度3DCGの映像で商品モデルを制作しておけば、イメージカットの作成、カラーバリエーションのある商品の紹介、雑誌・カタログなどの紙媒体、Webといったさまざまなメディアへの展開が容易となります。複数のメディア展開が予定されている商品の紹介には、3DCGは最適といえるでしょう。

おわりに

3DCGの特徴や、商品紹介動画を3DCGで制作するメリットをご紹介しました。

実写・2D・3Dといった映像技術にはそれぞれ特徴やメリットがありますが、特に商品紹介の分野では、3DCGを有効に活用できる場面が多くあります。今回の記事を参考にしていただき、自社の商品紹介に3DCGの表現が適していると感じれば、プロの制作会社に映像制作を依頼してみてはいかがでしょうか。