制作会社に依頼して3DCG動画で業務・操作マニュアルを作成するメリット

制作会社に依頼して3DCG動画で業務・操作マニュアルを作成するメリット

マニュアルや取扱説明書といえば、以前は紙媒体のものが主流でした。しかし、現在ではオンラインで読むものや、動画のマニュアルが普及しています。特定の操作を要する業務マニュアルや使い方の説明書などは、3DCGの動画が用意されているケースも少なくありません。

しかし、それらを作成するためのスキルや時間がないというケースが大半でしょう。そのようなときは、制作会社にマニュアル作成を依頼してはいかがでしょうか?

そこで今回は、3DCG動画の業務・操作マニュアルを制作会社に依頼するメリットについてご紹介します。

3DCG動画の強み

3DCG動画の強み3DCG動画の業務・操作マニュアルを用意する最大のメリットは、視覚情報によって内容が伝わりやすくなることです。ユーザーに操作方法を説明することがマニュアルを作成する目的ですが、特殊な操作を要する機器や製品の場合、テキストの操作説明だけでは読み手にとって伝わりづらくなってしまう場合があります。操作が複雑になればなるほど、内容がシンプルにユーザーへと届くマニュアルが役に立つのです。

3DCGは、操作方法を目に見える「直感的」な形でユーザーに提示することができます。ユーザーは動画内で起きていることや、キャラクターが行っていることを実践するだけです。同じ内容を文字で説明するよりもわかりやすく、かつ理解するための時間も掛かりません。一般ユーザーへは、高いユーザーエクスペリエンスを提供することにつながるでしょう。また、業務マニュアルとしても、わかりやすくミスの少ない操作説明を実現できます。

3Dデータの汎用性

3DCG動画のマニュアルでは、まず3DCGのモデルを作成し、アニメーションを追加します。注目すべきは、この3Dデータの汎用性です。一度作成した3DCGモデルのデータには、マニュアルだけにとどまらないさまざまな用途があります。

例えば、3DCGのアニメーションを静止画にしてしまえば、クライアント向けや社内配布用の紙資料を作成する際にも役立ちますし、少しカスタマイズすれば、プレゼンテーション用の資料を作成することも可能でしょう。このように、マニュアル用に作成した3DCGデータは、マニュアル作成が終わっても2次利用、3次利用ができるため無駄になりません。

言語の壁を越えた説明が可能に

言語の壁を越えた説明が可能にマニュアルをテキストで用意する場合に、避けられないのが言語の問題です。世界各国で商品展開を行う場合、各国の言語に合わせたマニュアルが必要となります。外国人従業員を抱える企業の業務マニュアルも同様です。対応しなければならない外国語の数や量が多いほど、その分翻訳者を雇う人件費が掛かるため、全体的なコストもかさみます。

その点、3DCG動画によるマニュアルであれば、ある程度理解できる説明を提供できます。音声による情報の埋め合わせも、英語の音声データを用意すれば十分なケースが大半です。視覚的な情報で伝えられる分、多言語に対応するためのコストが少ないため、多くの国での商品展開や、各国のスタッフを有効活用することが可能となるでしょう。

おわりに

今回は、3DCG動画の業務・操作マニュアルを制作会社に依頼するメリットについてご紹介しました。

3DCG動画を利用した業務・操作マニュアルを作成すれば、複雑な操作が必要な場合や海外のマーケットにも進出したい場合でも、ユーザーに伝わりやすいマニュアルにもなります。これまでにない画期的な商品や機器ほど、ユーザーにとってはなじみのない操作が必要となるため、3DCGのマニュアルが効果的なはずです。

しかし、社内で3DCG動画によるマニュアルを作成する技術がなかったり、すでにある業務内容に追加するには時間がなかったりする場合もあるでしょう。そのようなときには、専門の制作会社を利用することも検討してみてください。時間や手間を掛けずに社外でマニュアルを作成できれば、普段の業務をスムーズに進めながら、マニュアル作成も滞りなく行えます。

■ 3DCG動画をマニュアルで活用したいと考えている方はこちらをチェック!
研修、教育の効果を高める!トレーニング用のマニュアルビデオ制作の流れ

■ 3DCGでなくても、動画によるマニュアル活用に興味がある方はこちらをチェック!
コスト削減になる?動画マニュアルを作成するコツ【活用事例あり】